メキシコからのフライトが悪天候で遅れたため、本来なら木曜会見に最初に登場するはずだったバルテリ・ボッタス(メルセデス)は最終組に。代わりにルイス・ハミルトン(メルセデス)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のチャンピオンコンビがトップバッターを務めた。F1第19戦ブラジルGPの抱負を訊かれたハミルトンは、「厳しい週末になるだろうね」という認識を示した。

──メキシコでのレッドブル・ホンダは非常に強力でした。今週末はどんな展開を予想していますか。
ハミルトン:先週の彼らの速さは、あなたの言う「非常に強力」という表現がぴったりだった。そしてブラジルでは2年前も彼らはとても速かった。でも僕らは、できることをしっかりこなすだけだ。厳しい週末になるだろうけどね。

──これまでスプリントレースが行われたシルバーストン、モンツァに比べると、ここはオーバーテイクが容易なのでは?
ハミルトン:どうだろう。確かにとても長いストレートからのフルブレーキングは、オーバーテイクの大きなチャンスだ。でもあのフルブレーキングは、同時にすごく難易度が高い。すごくミスしやすいし、全22戦のなかでも屈指の難しさだと思うよ。

 実際にブラジルGPが始まってみると、「厳しい週末」というハミルトンの予想は、少なくともコース上ではいい方向に外れて、予選最速タイムを叩き出した。しかしリヤウィングのDRS違反で、失格の裁定を受けてしまう。

 一方のアロンソは、シルバーストン、モンツァのスプリント予選フォーマットでは、いずれも抜きにくいサーキットだったにもかかわらず、素晴らしいオーバーテイクを披露して順位を上げている。

──パドックではあなたを『キング・オブ・スプリント』と呼んでます。
アロンソ:確かに過去2戦ではいい結果を出せたけど、ここもそうなるかはわからない。FP1でどこまで車を仕上げられるか、あとは幸運をどれだけ呼び寄せられるかだね。シルバーストンでのペレス、モンツァでのガスリーがそうだったけど、スプリント予選でつまずくと、決勝レースでのリカバリーがとても難しくなってしまう。

──そのガスリーのいるアルファタウリ・ホンダとは、選手権で同点に並ばれました。
アロンソ:僕らは優勝も表彰台も争っていないけど、でもこんなふうに他チームと接戦を演じているのはすごく楽しいね。最終戦のアブダビまで、1ポイントをかけた戦いが続くと思うよ。

──残りの4レースでどちらを運転してもいいと言われたら、メルセデスとレッドブル・ホンダ、どちらを選びますか?
アロンソ:どうだろう。レースごとに力関係が変わってるしね。難しいなあ。

──それでもあえて選ぶとしたら?
アロンソ:アルピーヌだよ(笑)。

■メキシコGPのスタートを「何度も思い返した」とボッタス

 最終組にようやく登場したボッタス。ここ数戦でかつての速さを取り戻し、さらにスプリント予選でも強さを誇っている。

──前戦メキシコはプラスとマイナス、両面のレースでした。プラスは土曜日にポールポジションを獲得したこと。直近3戦でふたつ目のポールでした。
ボッタス:土曜日までは、確かにいい週末だった。今週末は違う形式のレースになるけど、またポールが獲れないとも限らない。

──しかしレースでは、スタート直後に首位をフェルスタッペンに奪われてしまいました。あれから何度も、あの時の光景を思い返したのでは?
ボッタス:回数を数えてるわけじゃないけど、もちろん何度も思い返したよ。瞬間的な決断が求められる状況で、はたして自分はベストを尽くしたのか。そこは何度も自分に問い返したね。

──今週末のスプリント予選の展望は? 前回のイタリアでは、みごとに土曜日のスプリント予選を制したわけですが。
ボッタス:このレース形式が僕は大好きだし、モンツァの再現ができたら最高だね。ここはオーバーテイクも可能だし、いい走りができると期待してるよ。

 そんな期待をみごとに形にしたというべきか、初日予選こそ3番手だったボッタスは、2日目のスプリント予選ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の猛追を振り切って制し、この4戦で3つ目のポールポジションを獲得したのだった。