2021年F1ブラジルGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は15番グリッドから15位でフィニッシュした。

 20人中、唯一ソフトタイヤでスタートした角田は、序盤はグリッドより順位を上げて走行していたが、ランス・ストロール(アストンマーティン)を抜こうとした際に接触が起きて、マシンにダメージを受けた。角田は4周目にピットに戻らなければならず、この際にタイヤをハードに交換した。なお、2台の接触によりデブリが散らばったため、セーフティカー出動となった。

 その後、スチュワードは、接触の原因は完全に角田にあるとして、10秒のタイムペナルティおよびペナルティポイント2を科すことを発表した。

「22号車はフロントストレートで18号車のスリップストリームに入り、はるかに速い速度でターン1イン側に入った」とスチュワードは述べている。
「しかし彼はブレーキングを遅らせすぎて、その楽観的な行動により、18号車と接触した。スチュワードは、彼に全面的に責任があると考える」

 角田は39周目に再びハードタイヤに交換する2回ストップで走り、15位フィニッシュという結果になった。

 ビークルパフォーマンス責任者のギヨーム・デゾトーは、「裕毅のレースにとって、序盤にストロールとのインシデントがあったことがマイナスになった」とコメントしている。
「大きなダメージを受け、残念なことに、それがレースペースに大幅に影響した」

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)決勝=15位
15番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード→ハード(70周)

 今日はなかなかフラストレーションが溜まる一日でした。タイヤの判断はよかったと思いますが、不運にもストロール選手との接触でレースを台無しにしてしまいました。リスキーな抜き方ではありましたが、彼がミラーを見ていなかったことで当たってしまいました。

 その後はずっとダメージを負ったまま走ることになったので、ペナルティが科されたのは本当に残念です。ただ、レースではよくあることですし、次戦ではもっと強くなって戻ってきたいです。