11月12日より開催されている『フォーラムエイト・セントラルラリー2021』の競技最終日が14日、愛知県の豊田スタジアムを拠点に実施され、初日をトップで終えた勝田範彦/木村裕介組(トヨタGRヤリスGR4ラリー)が、新井大輝/小坂典嵩組(スバルWRX STI)に10.9秒差をつけて総合優勝を飾った。総合3位には福永修/齊田美早子組(シュコダ・ファビアR5)が入っている。

 2年連続で開催中止となったWRC世界ラリー選手権の日本ラウンド、“ラリージャパン”の穴を埋めるノンタイトル戦のラリー最終日は、岐阜県にもSS(スペシャルステージ:競技区間)が設けられ5本のSS、合計距離36.73kmで争われる。

 今大会最長となる全長13.16kmの“Ena City short”はSS8とSS11の2回走行、ツイスティな舗装林道が中心ながらも、速度域の高い高速セクションも含まれており、今回の山場となることが予想された。また、ステージには湿った落ち葉が落ちている箇所も多く、一瞬の油断がリタイアにつながるコンディションのなかでラリー2日目がスタートした。

 初日の競技を終えて首位の勝田と新井の差は7.7秒。逆転勝利を狙う新井は、勝負どころと語っていたSS8でベストタイムをマーク。さらに続くSS9も制してみせる。

 しかし、対する勝田もSS8とSS9は僅差のセカンドベストでまとめ、SS10ではこの日初のベストタイムを記録して応戦。午前中のSSを終えて、ふたりの差は6.8秒とほぼ変わらない。
 
「タイヤやマシンもはまっていて、ギリギリを攻めましたが、思ったよりも差をつけられませんでした」と、新井は首を捻る。

 豊田スタジアムでのサービスを挟んだ午後のセクション。SS8の再走ステージとなるSS11で勝田が新井に3.7秒差をつける渾身のベストタイムをたたき出す。そのままの勢いで勝田は最終のSS12も制し、10.9秒差をつけてセントラルラリー初勝利を飾った。2019年に開催された前回のラリーでは息子で現役WRCドライバーの勝田貴元が勝利を手にしており、親子で同一イベント勝利を達成したことになる。

「2回目の“Ena City short(SS11)”の路面が思っていた以上にクリーンで、走りやすかったことが大きかったと思います。この勝利は僕だけの力ではなく、コドライバーやチーム、そして応援してくれたファンの皆さんからの素晴らしいサポートがあったからこそだったと思っています」と、勝田はフィニッシュ後にチームやファンへの感謝を語った。

 2位に終わった新井は、「今回は回り込むようなきついコーナーが多くて、どちらかと言えばGRヤリスにアドバンテージがあった気がします。WRX STIは中高速域での安定感が強みですし、今回のラリーを通じてデータ取りを含めて、改善点がはっきり分かりました。それらを今後につなげていきたいと思っています」と、前向きな笑顔を見せた。

 トップから1分02秒7差の総合3位には、タイヤやセットアップを試しながら走ったという福永が入り、柳澤宏至/保井隆宏組(シュコダ・ファビアR5)が前日からひとつ順位を上げ4位を得た。また、R-2クラスはヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(トヨタGT86 CS-R3)、R-3クラスは大倉聡/豊田耕司組(トヨタGRヤリスRS)がそれぞれ勝利を飾っている。