IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰DPiクラスに参戦しているマイヤー・シャンク・レーシング(MSR)は11月17日、トム・ブロンクビストのチーム加入をアナウンスし、前日にマツダからの移籍が発表されたオリバー・ジャービスとのまったく新しいドライバーラインアップを完成させた。

 今月初めにバーレーンで行われたWEC世界耐久選手権において、JOTAとの激しいタイトル争いの末にLMP2クラス年間2位となったブロンクビスト。彼は来年、初めてDPiクラスに参加し、MSRのアキュラARX-05で北米耐久シリーズの最高峰クラスに挑む。

 元BMWワークスドライバーであるブロンクビストはWECやIMSAのGTE、LMP2、さらにフォーミュラEなどで活躍してきた27歳のイギリス人ドライバーだ。ル・マン24時間レースでのLMP2クラス2位フィニッシュを含む8回の表彰台を獲得し、AsLMSアジアン・ル・マン・シリーズでは2回のポールポジションと同数の優勝を果たしている。

「2022年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にマイヤー・シャンク・レーシングの一員として参加できることになり、とても興奮している!」と新しいチャレンジに対して喜びを語ったブロンクビスト。

「MSRはアメリカのトップレースチームのひとつであることが証明されており、アキュラARX-05には来年(僕たちが)成功するための素晴らしい基盤が備わっていると確信している」

「僕は2019年からアメリカでレースを行い、今年はWECでプロトタイプカーをドライブした経験がある。それらの経験を活用し、来年の“本番”を迎えたいと思っているんだ!」

 MSRは2022年1月に開催されるデイトナ24時間レースで、ジャービスとブロンクビストのフルシーズンラインアップをデビューさせる予定だ。一方、このシーズン開幕戦や他の耐久イベントで“助っ人”となる追加ドライバーはまだ明らかにされていない。
 
 その候補には来年、同チームのNTTインディカー・シリーズ・プログラムに参加するエリオ・カストロネベスとサイモン・パジェノーの両方が挙げられ、彼らがリストを完成させることが期待されている。