初開催となるF1カタールGPでのホンダドライバー4人は、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)2番手、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)3番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)7番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)8番手という結果で初日フリー走行を終えた。レッドブル・ホンダの2台はともにリヤウイングのトラブルでガレージにこもる時間帯もあったものの、「予定したメニューをこなせて、充実した初日だった」と、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは総括。「角田も相対的に速さを見せており、今回こそ4台完走、4台入賞を達成したい」と、期待を語った。

────────────────────

──初日を終えての感触は?

田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):FP1は日中の暑い時間帯、FP2は日が暮れてからの予選、レースと同じ時間帯に行われました。初めてのサーキットの初日ということで各車積極的に走りましたが、ドライバーも我々も学習の1日でしたね。終わった今も、さらに学習中という感じです。特に車体、パワーユニット(PU)のエンジニアにとっては、今日の状況の理解、明日に向けてのセットアップという重要な作業が残っています。

──明日に向けては全体的に、まだまだペースは伸びていくのでしょうか?

田辺TD:そう思います。なのでホンダ車4台もそれに負けずに、対応していければと思っています。今日のレッドブルの2台はリヤウイングのトラブルで、走行時間が若干削られてしまいました。とはいえ予定したメニューはこなせて、充実した初日だったと思います。メルセデスは相変わらず速いですが、出だしの金曜日としては4台ともにいい位置につけられたと思います。ただ繰り返しますが、各車がペースを上げてくるだろう明日以降、我々もどこまで伸ばせるかですね。ですが初日に限れば、準備してきた車体、PUのセッティングがそれなりに機能した。しかしやることはまだ多い。そんな1日でした。

──角田選手も好調に見えます。

田辺TD:そうですね。相対的に速さを見せている。今回こそ4台完走、4台入賞を達成したいと思います。

──中東ですでに開催されている他のふたつのグランプリ、バーレーンとアブダビとの類似点、相違点はありますか。

田辺TD:共通点はサーキットがフラットなところ。ピットレーン含めて、サーキット全体が砂だらけなこと。違うところは、コースレイアウトですね。ドライバーはいろんなコーナーの組み合わせで楽しいという人もいるし、難しいという人もいる。チャレンジングなコースのひとつだと思います。

──ここはバーレーンに比べてヘビーブレーキングが少ないですが、エネルギー回生に問題は?

田辺TD:それなりにスロットルオフの低中速区間も織り交ぜられていますから、そんなに苦労はしないですね。

──エネルギーマネージメント的に難しい部分はありますか?

田辺TD:予選に向けて路面コンディションが改善されると、全開部分も変化するでしょう。そこは細かく見ていきます。

──初日に質問した燃費についてはいかがでしょうか?

田辺TD:死ぬほど、というわけではないですね。まあいつも死にそうなんですが(苦笑)。他メーカーがどうなのか、興味はあります。

──全体的にはフューエルエフェクト(燃料搭載量がラップタイムに与える影響)は大きいコースですよね?

田辺TD:まだその部分はチームとも話をしてないので、なんとも言えません。