WRC世界ラリー選手権第12戦モンツァのデイ2(SS8〜13)が11月20日、モンツァ・サーキットのサービスパークを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing WRTはセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位、チームメイトのエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が僅差の総合2番手となった。また、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)も“完走重視”の走りを続け、総合9番手につけている。

 2021年シーズン最終戦『ラリー・モンツァ』の競技2日目、6本のSS合計距離は108.24kmと3日間で最長の1日となったこの日は、朝から昼にかけてベルガモの山岳エリアで2本のステージを各2回走り、その後モンツァ・サーキット内で1本のステージを2回走行するスケジュールで争われた。

 ラリー初日にドライバー選手権2位につけるエバンスと激しい首位争いを演じ、1.4秒差の総合2番手となったオジエは、デイ2オープニングのSS8で2番手タイムを刻み首位に浮上する。

 しかし、SS9ではエバンスが渾身のベストタイムで首位を奪い返すと、今度はオジエがSS10とSS11でファステストタイムを記録して再逆転に成功。4本の山岳ステージを終えて総合2番手のエバンスに5.2秒差をつけた。

 だが、モンツァ・サーキットに戻って実施されたSS12ではエバンスが最速タイムを刻み総合首位を奪う。このままサーキット区間での走りに分があるウェールズ人ドライバーが現チャンピオンを引き離すかと思われたが、暗闇の中で行われた最終のSS13では、オジエがエバンスよりも0.8秒速い3番手タイムでフィニッシュし、0.5秒という僅差ながら総合首位で大激戦の1日を走り終えることとなった。

 連日、大接戦を繰り広げる両名だが、仮にエバンスが優勝とパワーステージを制したとしても現在、ドライバー/コドライバー選手権でランキング首位に立つオジエとジュリアン・イングラシアは、同2位のエバンス/スコット・マーティン組に17ポイント差をつけているため、表彰台に立てば通算8回目のタイトル獲得を果たすことができる。
 
 なお、イングラシアは今戦をもってコドライバーを引退することを表明しており、オジエもWRC全戦に出場するのは今シーズンが最後となるため、彼らがふたりでタイトルを獲得するのは今回がラストチャンスとなる。

■ラトバラ代表「カッレのおかげで、セブとエルフィンは最高のバトルをすることができている」

「今日はセブ(セバスチャン・オジエ)とエルフィン(・エバンス)のふたりによって、信じられないような戦いが繰り広げられた」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのチーム代表を務めるヤリ-マティ・ラトバラ。

「あるステージではセブが速く、次のステージではエルフィンのほうが速いといったように、彼らがチャンピオンシップと、勝利を懸けて走る姿を見るのは素晴らしいことだった。スポーツとして、最高の戦いが展開されていると思う」

「私としては、マニュファクチャラーズタイトルの獲得にも期待しているが、それについてはカッレ(・ロバンペラ)が集中して取り組み素晴らしい仕事をしてくれているため、セブとエルフィンは最高のバトルをすることができている」

 ラトバラのコメントにもあるように、ロバンペラは、マニュファクチャラーズポイントを確実に獲得するというチームの意向を汲み、デイ1に続き確実性の高い走りを続け総合9位を堅持している。
 
 また、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加し、今戦もアーロン・ジョンストンとのペアでトヨタ・ヤリスWRCをドライブしている勝田貴元は、4番手タイムを2回、5番手タイムを1回記録し、総合6位の座を守った。

 ラリー・モンツァの最終日となる21日(日)のデイ3は、サーキット内に設定された3本のステージ(SS14〜16)で争われる。これらのSSはいずれもレーシングコース、旧オーバルコースのバンク、未舗装のサービスロードなどさまざまな道が組み合わされたものだ。

 オープニングのSS14“グランプリ2”は、初日に走行したSS7の再走ステージ。その後行われるSS15/SS16“セラグリオ”の2回目は、トップ5タイムを記録したドライバーとマニュファクチャラーに、ボーナスポイントが与えられるパワーステージとなっている。最終日のSS合計距離は39.53km、リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は45.25kmとなる予定だ。