11月20日、競技2日目のデイ2を迎えたWRC世界ラリー選手権第12戦モンツァはSS8〜13が行われた。ラリー初日に白熱した首位争いを繰り広げたセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)と、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)の攻防はより激しさを増し、何度も順位が入れ替わる展開を経て、現王者オジエが0.5秒差でトップに立っている。

 現役最強ドライバーが通算8度目のワールドチャンピオン獲得を勝利で飾るべく、連日プッシュを続けている。2021年シーズン最終戦『ラリー・モンツァ』のデイ2は、初日にトップ争いを繰り広げたエバンスとオジエのタイムギャップが1.4秒という僅差の状態でスタートを迎えた。

 前日と同様に午前のループは山岳ステージで、午後はサーキット内のステージで争われたこの日のオープニングでは、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)に次ぐ2番手タイムをマークしたオジエが僚友を逆転し総合首位に浮上した。
 
 しかし、続くSS9はエバンスがトップタイムを刻み再逆転。チームメイトから順位を取り戻す。一方の7冠王者も負けじとSS10、SS11の2ステージ連続でベストタイムをマーク。みたびの逆転でその差を5.2秒に広げてみせた。
 
“スピードの神殿”ことモンツァ・サーキットに戻って行われたSS12。ここでは逆転チャンピオンを狙うエバンスが速さをみせ、この日2度目のステージ優勝を飾るとともに彼から5.5秒遅れた現王者を0.3秒リードする。だが、オジエもチームメイトの連日トップを容易には許さない。

 デイ2ラストのSS13で僚友を0.8秒上回るステージ3番手タイムをマークしたフランス人は、1日の最後にタイムシートの最上段にカムバックを果たし、トヨタの次期エースと目されるエバンスを0.5秒差で従えて、総合首位で最終日を迎えることとなった。

「今夜、トップを取り戻せるとは思っていなかった」と語るのは、総合3位以上でフィニッシュすれば自力でのタイトル獲得が叶うオジエ。

「僕たちはリスクを減らし、少しずつタイムを失っている。明日は感情的に非常に強いものが出てくることを期待している。勝利はケーキの上のチェリーのようなものだが、僕たちが追いかけているメインターゲットはこのラリーの優勝ではない」

■3番手走行のヌービルがバリアにクラッシュ

 6本のステージを駆け抜ける間に計5回ものリードチェンジが見られたトップ2台の争いから一歩引いたところでは、ヌービルが3番手につけ前述のとおり、デイ2のオープニングステージとなったSS8でステージ優勝を飾った。

 しかし、彼は続くSS9においてガードレールにフロントを激突させるクラッシュを喫し、エアロパーツを含むクルマのフロントバンパー類を失ってしまう。幸い走行可能な状態にあったが、このステージでチームメイトのダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)に総合3番手の座を譲ることになり、午前のループの残り2本を万全ではない状態で走行することになったことで、その差は約19秒に拡がっている。なお、ソルドと首位を行くオジエとのタイム差は27.4秒だ。

 総合5番手はヒュンダイ・2Cコンペティションのi20クーペWRCを駆るオリバー・ソルベルグ。トップから1分21秒遅れとなっている彼の17.6秒後方、総合6番手にはトヨタ・ヤリスWRCをドライブする勝田貴元がつけている。

 7番手はテーム・スニネン(ヒュンダイi20クーペWRC)。これを7.7秒差で追いかけるガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)が8番手につけ、マニュファクチャラー選手権タイトル獲得のため“完走重視”の走りに徹しているカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が9番手に。総合10番手にはヨハン・ロッセル(シトロエンC3ラリー2)からWRC3リーダーの座を奪った、アンドレア・クルニョラ(ヒュンダイi20 Nラリー2)が入っている。

 競技最終日となる21日(日)のデイ3は、モンツァ・サーキット内に設定された3本のステージ(SS14〜16)で争われる。いずれのSSもレーシングコース、旧オーバルコースのバンク、未舗装のサービスロードなどさまざまな道が組み合わされたものだ。

 オープニングのSS14“グランプリ2”は、初日に走行したSS7の再走ステージ。その後行われるSS15/SS16“セラグリオ”の2回目は、トップ5タイムを記録したドライバーとマニュファクチャラーに、ボーナスポイントが与えられるパワーステージとなっている。最終日のSS合計距離は39.53km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は45.25kmとなる予定だ。