11月20日、競技2日目のデイ2を迎えたWRC世界ラリー選手権第12戦モンツァはSS8〜13が行われた。ラリー初日に白熱した首位争いを繰り広げたセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)と、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)の攻防はより激しさを増し、何度も順位が入れ替わる展開を経て、現王者オジエが0.5秒差でトップに立っている。

■2021年WRC第12戦ラリー・モンツァ暫定結果 SS13後
Pos.No.DriverMachineGap11S.オジエトヨタ・ヤリスWRC2h13'27.2233E.エバンストヨタ・ヤリスWRC+0'00.536D.ソルドヒュンダイi20クーペWRC+0'27.4411T.ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+0'46.652O.ソルベルグヒュンダイi20クーペWRC+1'21.2618勝田貴元トヨタ・ヤリスWRC+1'38.873T.スニネンヒュンダイi20クーペWRC+2'17.1844G.グリーンスミスフォード・フィエスタWRC+2'24.8969K.ロバンペラトヨタ・ヤリスWRC+3'39.11035A.クルニョラ(WRC3)ヒュンダイi20 Nラリー2+8'07.15916A.フルモーフォード・フィエスタWRC+51'22.9
※リザルトは編集部集計