11月21日、WRC世界ラリー選手権第12戦モンツァの競技最終日、デイ3のSS14〜16がイタリア北部のモンツァ・サーキットで行われ、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(トヨタ・ヤリスWRC)が総合優勝を飾った。タイトル争いでは同コンビがチームメイトのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(トヨタ・ヤリスWRC)の追撃を振り切り通算8回目の戴冠を決め、トヨタがマニュファクチャラーズタイトルと合わせてシリーズ3冠を達成した。そんな今季最終戦『ラリー・モンツァ』を戦い終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。

■Mスポーツ・フォードWRT
●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)/総合8位
「これらのマシンがどれだけ素晴らしいものか言葉にするのは難しいけれど、次世代のマシンも本当にエキサイティングだ。この世代には特別な何かがあった。このマシンを懐かしむようになるだろうね」

●アドリアン・フルモー(フォード・フィエスタWRC)/総合46位
「感動的だ。チームには感謝しかないよ。今年このマシンをドライブできたのは素晴らしかったし、この高いレベルでの経験を得ることができて本当にうれしく思っている」

※いずれもSS16直後のインタビューより

■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT
●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/総合4位
「僕の今日の目標は、今シーズン最後のステージをヒュンダイi20クーペWRCで楽しむことだった。この世代のWRCマシン最後の走行だ。午前中はクリーンな走行をし、ステージ優勝も飾ってその瞬間を楽しもうとしていた」

「このマシンとヒュンダイ・モータースポーツとともに、何度か素晴らしい年を経験した。すごくエキサイティングで、多くの特別な思い出があるよ。今は2022年の新たな冒険に目を向けている。そしてチームと思い出に残る瞬間をさらに増やしていくよ」

●ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)/総合3位
「ここモンツァで表彰台フィニッシュを獲得できたことを本当に心からうれしく思うよ。このWRカー時代をトップ3フィニッシュを飾って締めくくることができたからね」

「最終日はリラックスしていられた。ベストを尽くして、いかなるミスも避けようと集中していたんだ」

「何度か素晴らしいハイライトがあったこの1年、ともに取り組んできたチームに感謝を伝えたい。来シーズンには新しいハイブリッド・レギュレーションが導入されて、さらに面白くなることを期待しているよ」

●テーム・スニネン(ヒュンダイi20クーペWRC)/総合6位
「さまざまな異なるコンディションにおけるヒュンダイi20クーペWRCのすべてを学びながら、着実に改善していくことができた週末だった。このラリーに真新しいマシンで挑むのはトリッキーだったが、このチャンスとスピードを出していくのに時間を与えてくれたチームには感謝している」

「少しずつペースを改善することができたし、クリーンなターマックのセクションで速さを出せたのは良かったね。僕たちはマシンを無事に持ち帰ることに集中していたが、そうすることができたよ」

■TOYOTA GAZOO Racing WRT
●セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)/総合優勝
「今の気持ちを表現するのはとても難しい。いつもそうだが、チャンピオンシップを勝ちとるためには多くのことを捧げてハードにシーズンを戦う必要があり、へとへとになってしまうんだ。しかし、僕たちは今日のような瞬間を経験するために戦っているのだ」

「チームのメンバー全員に感謝します。彼らの存在なしに我々は何もできないし、今日はチームの全員がワールドチャンピオンになったのですから、みんなで祝おう!」

「トヨタが成し遂げたことは非常に素晴らしいことだし、チームはタイトルを獲得するに相応しい、多大な努力を重ねてきた。また、これでジュリアン(・イングラシア)との旅が終わりになるのかと思うと、感慨もひとしおだ。これ以上の良い終わり方はなかったと思う」

「この週末を迎えるにあたっては、やるべきことがたくさんあり、戦いがまだ終わっていないことを理解していた。エルフィン(・エバンス)に勝つ必要こそなかったが、リラックスすることはできず、順位を落とすわけにもいかなかったから、最終的に優勝できたのはパーフェクトな結末といえるだろう」

●エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)/総合2位
「もちろん、複雑な心境だ。より良い結果を求めるのは自然なことだからね。ドライバーズタイトルの獲得が難しいことはわかっていたが、何とか実現したかったし、このラリーでは優勝を目指していた」

「残念ながら願いは叶わなかったが、セブとジュリアンがタイトルを獲得したこと、そして一緒に素晴らしいキャリアを築いたことを祝福したいと思う」

「チームのみんなには感謝している。彼らは一生懸命働き、素晴らしいクルマを提供してくれただけでなく、とても良い雰囲気で仕事をすることができた。また、運転を楽しませてくれたヤリスWRCには、惜別の意を表したいと思う」

●カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)/総合9位
「チームのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献することができて、とてもうれしく思う。本当に良いシーズンだったと思いますし、自分たちもいくつかのラリーでポイントを獲得することができたので、タイトルを勝ち取ることができて良かった」

「チームにとって素晴らしいことですし、自分もその一部になれたことを本当にうれしく思うよ。この週末に課せられた仕事は決して簡単ではなかったが、それをやり遂げたことが重要だし、価値のあることだと思っている」

「チームは本当にに頑張ってきたので、おめでとうと言いたいし、感謝している。素晴らしいクルマとともに戦った素敵な1年で、チームの強さを証明することができたのではないかと思う」