11月27〜28日、静岡県小山町の富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』。第2戦以来となる富士での開催、そして2021年のチャンピオンをかけた戦いとなるレースだが。11月27日の公式練習/予選を前にした11月27〜28日、サーキットでは搬入作業がスタートした。

 2021年のスーパーGTもいよいよ最終戦。今季のシリーズが決するレースでもあり、2022年シーズンに向けてもさまざまな動きが出はじめているレースでもある。すでに既報のとおり、GT500クラスでは長年活躍したニッサンGT-RニスモGT500が今季で車種としての参戦が終わることから、第8戦がラストレースだ。

 またすでに発表されているものでは、GT300クラスではHOPPY Porscheがラストレース。また2021年限りでのスーパーGTでの活動終了を発表しているGAINER TANAX with IMPUL GT-Rの星野一樹のラストレースとなる。

 そんな最終戦に向けて、11月25〜26日に、富士スピードウェイでは搬入作業がスタートしている。週末は天候も良好のようで、この日も青空が広がっている。そんな11月26日の様子を、写真でお届けしよう。