ドライバーふたりが毎回様々なゲームで競い合う、フェラーリ公式YouTube恒例の対決企画。今回カルロス・サインツとシャルル・ルクレールが挑戦するのは、『ジェスチャーゲーム』だ。

https://youtu.be/EyxiK3kthzg

 今回はフェラーリのスタッフと組んでのチーム戦。片方がお題をジェスチャーで表し、もう片方がそれに答える単純なルールで、制限時間の2分以内に正解できた回数で争われる。ちなみに、『物』や『職業』など引いたお題のジャンルを言うのはOKだ。

 先攻サインツチームの最初のお題は、『ドラマー』。サインツが「物だよ」とヒントを出しドラムを叩くジェスチャーを始めると、相棒のスタッフ、ジオはすぐに正解。ドラマーが「物」なのかはさておき、幸先の良いスタートを切る。

 次も難なくクリアし、3つ目のお題は『ブレイクダンス』。クネクネと独特の動きするサインツであったが、ジオは「ダンス?」とあと一歩届かない。むしろこの動きでダンスだとわかったことに拍手だ。

 なんとかブレイクダンスは乗り越えたものの、サインツには『アヒル』という次なる試練が到来。必死にアヒルのモノマネをするサインツだが、そのマヌケな姿にルクレールは「オーマイゴッド」と爆笑。結局最後まで答えは出ず、4問正解でルクレールチームの番に。

 4連続正解であっという間にサインツに並んだルクレールだったが、5つ目のお題『クマ』には苦戦。やはり生き物系は難しいようで、たまらずお題を変えようとするルクレールだが、サインツが「変えるのはダメ!」と拒否。さらに「声も出しちゃダメだよ!」と厳しく注意。勝負事になると熱くなる男、それがサインツだ。結局こちらもここでタイムアップとなり、2チームとも4ポイントで並んだ状態で、役割を変えての2ラウンド目に突入する。

 ジオのジェスチャーがいいのか、サインツが冴えているのか、2ラウンド目は淡々と正解を重ねていくサインツチーム。生き物系お題『ペンギン』を難なくクリアすると、その後のお題も簡単にこなし、得点を12ポイントまで伸ばした。

 一方のルクレールチームは『ロックスター』で足踏み。「時間かかちゃったね」と嬉しそうなサインツはその後もルクレールにちょっかいをかけ続け、この妨害工作で集中力が途切れたルクレールは相棒マルコのジェスチャーがツボに入って大爆笑。もはや勝負どころではなくなり、7点どまりに終わった。

 結局2ラウンドの合計得点16対11でサインツチームがこの勝負を制し、これまでの累計成績では8対7でサインツが一歩リード。何戦あるかはわからないが、これからも見逃せない戦いが続きそうだ。