2018年に刷新され、11年ぶりにフルモデルチェンジを果たした“JL型”の『Wrangler Unlimited(ラングラー・アンリミテッド)』をベースに、ラギッドなデザインとロングホイールベースによる堂々たる佇まい持つ、ジープ伝統のオフロード走破性を備えたピックアップトラック『Gladiator Rubicon(グラディエーター・ルビコン) 』が日本上陸。11月30日より発売開始となっている。

 1963年に初代が登場して以降、20年以上に渡り製造されたジープのピックアップトラックは、後継モデルとして誕生した『ジープ・コマンチ』など複数のモデルを経て、2018年にロサンゼルス・オートショーで復活。今や世界で高い評価を受けるJL型のコンポーネントをベースに、26年ぶりに『ジープ』の名を冠するピックアップトラックが登場したことで話題となった。

 その『グラディエーター』がついに日本にも正式導入され、エクステリアでは伝統の7スロットグリルに代表される『ラングラー』系と共通のデザインキューが与えられるとともに、ホイールベースは『ラングラー・アンリミテッド』に対して480mmも延長された。

 車体骨格には悪路走破性や牽引能力に優れる伝統の“ボディ・オン・フレーム”構造を採用し、最新のマテリアルを投入したことでボディ剛性や耐久性にも有利な設計となり、5名乗車が可能なダブルキャブ(4ドア)ボディに広大なベッド(荷室)を備えている。

 本国を筆頭に世界でも愛好家の多いグラディエーターのうち、今回初めて日本に導入されるモデルは、ラインアップで最強のオフロード性能を誇る“ルビコン”仕様に。

 JL型ラングラー・アンリミテッドと同様に、前後デフロック機構や悪路走行時にサスペンションストローク量を増加させる電子制御式フロント・スウェイバー・ディスコネクトシステム、極低速走行を可能にする専用ローギア付ロックトラックフルタイム4×4システム、マッド&テレインタイヤなど走破性を向上させる数々の専用装備を備える。

 さらに前方に設置されたカメラにより前方下部の映像を映し出すオフロードカメラや、FOX社製パフォーマンスショックアブソーバーが備わり、実践的な悪路性能が一層高められた。

 またインテリアも、スマートフォンの接続も可能なオーディオナビゲーションシステム(Uconnect)をはじめ、サブウーファー付アルパイン製プレミアムスピーカー、レザーシート、前席シートヒーターなど快適装備が充実。リヤシートの背後やシート下に収納スペースが確保され、日常の使い勝手も高められている。

 ボディカラーは5万5000円の有償色となるパールコート塗装を含む全9色が設定され、いずれもブラックまたはブラック/ダークサドルの2色のインテリアカラーとの組み合わせが可能となり、価格は770万円(税込)となっている。


公式サイト:https://www.jeep-japan.com/gladiator.html