12月6日、TOYOTA GAZOO Racingは東京都のMEGA WEBで、2022年のモータースポーツ参戦体制を発表した。全日本スーパーフォーミュラ選手権では、2021年にスポット参戦し優勝も飾ったジュリアーノ・アレジのデビューが決まったほかは、大きな動きはなく両タイトル奪還を目指して2022年も戦うことになった。

 2021年はcarenex TEAM IMPULがチームチャンピオンを獲得したトヨタ/TRDエンジン搭載勢。2022年に向けては、6チーム11台の体制は変わらないほか、ドライバーラインアップも大きな動きはないシーズンとなった。

 まず、変化がみられたのはKuo VANTELIN TEAM TOM'S。2021年に中嶋一貴の代役として参戦し、オートポリスで優勝を飾るなどルーキーらしからぬ活躍をみせたジュリアーノ・アレジがデビューすることになった。チームメイトは宮田莉朋で、ふたりのライバル関係も気になるところ。

 チームチャンピオンのTEAM IMPULは、関口雄飛と平川亮のふたりが継続参戦。ヨーロッパに活動の場を移す平川はスーパーフォーミュラには継続して参戦することになる。またKONDO RACING、KCMG、P.MU/CERUMO・INGINGはすべてドライバーラインアップに変更はなし。ROOKIE Racingはドコモグループ3社統一の法人事業ブランドの名がつき、『docomo business ROOKIE』というチーム名に変更された。

 トヨタ/TRDエンジン勢は、体制を堅持してチャンピオン獲得を目指し2022年に臨むことになった。

2022 全日本スーパーフォーミュラ選手権
トヨタ/TRDエンジン搭載車 ラインアップ
NoDriverTeam3山下健太KONDO RACING4サッシャ・フェネストラズKONDO RACING7小林可夢偉KCMG18国本雄資KCMG14大嶋和也docomo business ROOKIE19関口雄飛carenex TEAM IMPUL20平川亮carenex TEAM IMPUL36ジュリアーノ・アレジKuo VANTELIN TEAM TOM'S37宮田莉朋Kuo VANTELIN TEAM TOM'S38坪井翔P.MU/CERUMO・INGING39阪口晴南P.MU/CERUMO・INGING