日本唯一のモータースポーツ写真家協会である『日本レース写真家協会(JRPA)』は、2005年から毎年「その年いちばんのフォトジェニック」として選んでいるJRPAアワードについて、2021年は大賞として四輪スーパーGT GT300クラスのSUBARU BRZ R&D SPORTを、特別賞として二輪全日本ロードレースJSB1000の中須賀克行を選出したと発表した。

 国内外で活躍するモータースポーツフォトグラファーの協会であるJRPAは、2005年から記録や戦績だけではなく、むしろその競技においていかにフォトジェニックで、フォトグラファーの写心をくすぐる存在であるかで決定する『JRPAアワード』を選び、毎年表彰を行ってきた。

 このアワードは競技スタイルや、立ち振る舞いが我々にとって魅力的であり、常に話題や撮影機会を提供し得る存在であり、“いかに『アツく』してくれるか”、また取材活動に対して紳士的な協力があり、親和的に接することができているなど、それらを総合的に評価し選ばれる賞だ。

 2021年は、大賞として長年スーパーGTで王座獲得に挑み続け、GT300クラスのチャンピオンを獲得した井口卓人/山内英輝組SUBARU BRZ R&D SPORTが、特別賞として全日本ロードレースJSB1000で全戦全勝の大記録を達成し、10回目のチャンピオンを獲得した中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が選出された。

 選出理由、過去の受賞者は下記のとおりだ。

■JRPAアワード2021『大賞』:SUBARU BRZ R&D SPORT
2009年からR&D SPORTとスバルによる挑戦が開始され、2012年からGT300に登場したBRZ。これまで、チャンピオンを目指し苦闘を続けてきたがスピードがある時があったものの、トラブル等にも見舞われ、多くの悔し涙を流してきた。2021年、新車投入とともに予選での速さに磨きがかかりシーズン4回のポールポジション、そして1勝、悲願のチャンピオンを飾り、スバルに初のGT300王座をもたらした。WRブルーの美しいボディと速さ、そして井口卓人/山内英輝のドライバーふたりはこれまで、良いときも悪いときも我々にとってフォトジェニックであり、またメディアに対しても礼儀正しく、好感度が高かった。

■JRPAアワード2021『特別賞』:中須賀克行
全日本ロードレース最高峰クラスJSB1000で全戦全勝を達成。前人未踏の記録をさらに更新する10回目のチャンピオンを獲得した。1981年8月生まれ。08年に26歳で初タイトル獲得し40歳になるいまも、アグレッシブな走り、そして、サービス精神満載のパフォーマンスでシャッターチャンスを提供してくれた。05年にJSB1000にデビューしてから17年間で110戦140レースに出場し60勝。4割を超える勝率は驚異的であり、日本の二輪レース界の象徴的存在となった。

■JRPAアワード歴代受賞者(敬称略)
第1回(2005年)大賞:服部尚貴/特別賞:伊藤真一
第2回(2006年)大賞:鈴鹿サーキット/特別賞:北川圭一
第3回(2007年)大賞:ヨシムラジャパン/特別賞:大嶋和也
第4回(2008年)大賞:松田次生/特別賞:石井正美
第5回(2009年)大賞:ホンダNSX/特別賞:青山博一
第6回(2010年)大賞:小林可夢偉/特別賞:伊藤真一
第7回(2011年)大賞:水谷 勝/特別賞:アンドレ・ロッテラー
第8回(2012年)大賞:中嶋一貴/特別賞:中須賀克行
第9回(2013年)大賞:山本尚貴/特別賞:加賀山就臣
第10回(2014年)大賞:中嶋一貴/特別賞:亀谷長純
第11回(2015年)大賞:チームインパル/特別賞:ヤマハ発動機株式会社
第12回(2016年)大賞:KONDO RACING/特別賞:中須賀克行
第13回(2017年)大賞:横浜ゴム株式会社/特別賞:有限会社ハルク・プロ/栄誉賞:佐藤琢磨
第14回(2018年)大賞:TEAM KUNIMITSU/特別賞:成田亮/栄誉賞:中嶋一貴
第15回(2019年)大賞:LEXUS TEAM LeMans WAKO'S/特別賞:サイドスタンドプロジェクト
第16回(2020年)大賞:TEAM SUZUKI ECSTAR/大賞:山本尚貴×牧野任祐/50周年アワード:高橋国光