12月21日、スーパーGT GT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGは、いち早く2022年の参戦体制を発表した。2022年も黒澤治樹監督のもとメルセデスAMG GT3、ブリヂストンタイヤという組み合わせを継続するが、ドライバーとして蒲生尚弥のパートナーに篠原拓朗が加入することになった。

 ブラックのカラーリングのメルセデスを走らせ、スーパーGT屈指のスタイリッシュさを誇るK2 R&D LEON RACINGは、2018年に黒澤と蒲生がチャンピオンを獲得するなど、その実力もGT300トップクラス。メルセデスとブリヂストンというパッケージはライバル勢もうらやむものだが、2022年もそのパッケージが継続されることになった。車名もLEON PYRAMID AMGと変更なしだ。

 一方で、ドライバーラインアップが改められることになった。エースとしてチームを支える蒲生のパートナーとして抜擢されたのは、2021年にHitotsuyama Audi R8 LMSを駆りGT300初優勝を飾るなど、伸び盛りの若手ドライバーの篠原だ。

 2020年にTCRジャパンシリーズでチャンピオンを獲得した篠原は、2018年がGT300デビュー。2020年にエヴァRT初号機 X Works R8、PACIFIC NAC D'station Vantage GT3でスポット参戦し、2021年はHitotsuyama Audi R8 LMSでフル参戦。2022年はチャンピオン経験があるK2 R&D LEON RACINGから参戦することになるが、チームの溝田唯司チーフエンジニアとは、スーパー耐久のD'station Vantage GT4でも組んできた。

 新たな体制で挑む2022年について、黒澤監督は「2021年度は最初と最後の結果は良かったですが、中盤戦では苦しい戦いが続きました。2022年度はシーズン半ばでも強い戦いをし、確実にチャンピオンシップでのポイントを積み重ねていきたいです」とタイトル奪還を誓った。

「また新しいドライバー篠原拓朗選手が加わり、大変期待しております。蒲生尚弥選手は成熟して、速さも経験もあります。エース蒲生選手を中心に、長年のパートナーであるブリヂストン様とともにさらなるタイヤ開発も進め、最終目標のチャンピオン獲得を目指して、頑張りますのでご声援宜しくお願いいたします!」

 また2014年からチームに在籍する蒲生は、「2022年度も優勝とシリーズチャンピオンを目指して、チーム一丸となって挑みたいと思います。また新しいチームメイトの篠原選手と切磋琢磨しながら頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します」と意気込みを語った。

 そして新加入の篠原は「2022年、K2 R&D LEON RACINGに加入させていただけることになり本当に感謝しております。黒澤監督、蒲生選手からたくさんのことを学び、シリーズチャンピオンを目指します。この素晴らしいチーム体制でレースができることが非常に楽しみですし、このチームの一員になれたことが本当に嬉しいです。応援よろしくお願いいたします」とコメントを残した。

 新たな体制となったLEON PYRAMID AMGが、2022年のシリーズでどんな活躍をみせるのか、楽しみなところだ。

K2 R&D LEON RACING
2022年スーパーGT参戦概要
チーム名:K2 R&D LEON RACING
参戦クラス:スーパーGT GT300クラス
チーム代表:遠藤大介
監督:黒澤治樹
ファーストドライバー:蒲生尚弥
セカンドドライバー:篠原拓朗
車両名称:LEON PYRAMID AMG
カーナンバー:65
タイヤメーカー:ブリヂストン
メインスポンサー:
PYRAMID (株式会社ピラミッド)
https://www.pymd.co.jp/
スポンサー:
LEON (株式会社主婦と生活社)
https://www.shufu.co.jp/
メルセデス・ベンツ中央、メルセデス・ベンツ豊洲(株式会社シュテルン中央)
http://www.stern-chuo.co.jp/
車両メンテナンス:有限会社ケーツー・アールアンドデー