2021年シーズンのタイトル争いは、第22戦アブダビGPまでもつれ込んだ。マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが同点で迎えた最終戦、先に1コーナーを抜けたのはハミルトンで、フェルスタッペンは追いかける展開となった。アブダビGP前半を無線とともに振り返る。

────────────────────

 最終決戦となる第22戦アブダビGP。嵐の前の静けさというべきか、レース前のフォーメーションラップでのルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、特にエキサイトしている感じではなかった。

ハミルトン:今日はちょっと涼しいコンディションだね

ジャンピエロ・ランビアーゼ:クルマに問題はないか
フェルスタッペン:すべてOKだ

そしてこのレースを最後に現役引退するキミ・ライコネン(アルファロメオ)。

シモン・ショータン(→ライコネン):グッドラック、そして楽しんでくれ!

 だがスタートでフェルスタッペンが出遅れ、ハミルトンが先行したことで、レースは一気に白熱化した。抜き返そうと、ターン6のブレーキングでインに飛び込むフェルスタッペン。押し出された形のハミルトンは、首位のままコースに復帰した。互いに、自分の正しさを主張する。

フェルスタッペン:順位を戻さなきゃダメだろう!

ハミルトン:俺を押し出した
ピーター・ボニントン:その通りだ。そのままギャップを維持すればいい

「審議の必要なし」というレースディレクター、マイケル・マシの判断に、レッドブルのスポーティング・ディレクター、ジョナサン・ウィートリーが苦言を呈した。

ウィートリー:エイペックスでマックスが前だった
マシ:ハミルトンを押し出したということだ
ウィートリー:アドバンテージを得たんじゃないのか
マシ:戻った段階で、そこは戻している
ウィートリー:わかった

 納得の行かないフェルスタッペンを、ランビアーゼがなだめる。

ランビアーゼ:冷静になれ。ショートカットに関しては、審議はない
フェルスタッペン:信じられないよ

 ソフトでスタートしたフェルスタッペンは早くもタイヤが苦しくなり、ハミルトンにじりじりと差を広げられる展開だ。

フェルスタッペン:リヤタイヤがもう厳しい
ランビアーゼ:わかった

 スタート直後にバルテリ・ボッタス(メルセデス)を抜き去り、その後も安定した周回を重ねていた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)も、12周目前後にリヤタイヤにオーバーヒートの症状が出てきた。

スピニ:裕毅、左リヤがちょっと厳しい。高速区間でプッシュしろ

 一方ランド・ノリス(マクラーレン)は、ギヤボックスに不具合が出ていた。

ウィル・ジョゼフ(→ノリス):ギヤを失ってる。その問題が、そのまま続く恐れがある

 結果的にこれは、それほど深刻化はしなかったようだった。

 13周目、フェルスタッペンがピットイン。2秒1で交換作業を終えてコース復帰した。目の前に出てこられたシャルル・ルクレール(フェラーリ)は挙動を乱し、その隙に角田がオーバーテイクしたが、ルクレールがすぐに抜き返した。

 ハミルトンはすかさず次の周にピットに向かい、フェルスタッペンの5秒前でコースに戻った。

バード(→ペレス):ハミルトンがピットした。プランA、いやプランBだ

 このスティントをできるだけ引っ張ってハミルトンを抑え、フェルスタッペンを側面援護する作戦だ。

 ハミルトンが最速タイムを出すのに対し、フェルスタッペンはすぐ前のカルロス・サインツ(フェラーリ)を抜きあぐね、挙動を乱してコースオフしたこともあって、18周目には両者の差は7秒まで広がった。ようやくオーバーテイクして3番手に上がるが、ハミルトンは暫定首位のセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)にみるみる近づいて行く。レッドブル・ホンダ陣営には、非常に厳しい展開だ。

 19周目、ハミルトンはペレスに2秒2まで迫り、逆にフェルスタッペンを8秒引き離した。

バード(→ペレス):ギャップ2秒だ。なんとしても抑えるんだ

 しかし20周目、ハミルトンに裏ストレートでパスされてしまう。しかしペレスはターン6で逆転。ハミルトンはストレート立ち上がりで再度抜くが、ペレスはターン9のブレーキングでインを刺し抜き返した。21周目のターン1で並びかけるハミルトン。しかしペレスは譲らない。

ハミルトン:すごく危ないドライビングだ

 ぶつかれば終わってしまうハミルトンは、無理ができない。その間にフェルスタッペンが、2台の1秒後ろまで追い付いた。ハミルトンは21周目のターン6でようやく抜き去り、役目を負えたペレスはすかさずフェルスタッペンに順位を譲り、ピットへと向かった。

フェルスタッペン:チェコはレジェンドだ
ランビアーゼ:まちがいなくケモノだよ

 ペレスの必死の防御に、メルセデスのトト・ウォルフ代表が抗議した。

ウォルフ代表:あれは危険すぎる。警告を出してくれ
マシ:いや、トト。あくまでハードレーシングだ

 8秒のギャップが、1秒まで縮まったフェルスタッペン。しかし再び、その差は広がって行った。

 タイヤを交換して5番手でコース復帰したペレスが、今後の戦略を尋ねる。

ペレス:このまま最後まで走るのか
バード:マックスのために何ができるか、考えているところだ。まずはプランAで行こう

 ハードタイヤで、最後まで走り切るということだろう。

 フェルスタッペンは自己ベストを更新して必死に追いすがるが、ハミルトンとの差は広がるばかりだ。

 25周目、ライコネンがターン6で挙動を乱し、バリアにぶつかった。

ライコネン:ブレーキが壊れた

何とか自力でピットに戻ったが、そのまま引退レースをリタイアで終えた。

ショータン:残念だ、キミ。リタイアだ

ラッセル:ドライブを失った

 ウイリアムズでの最後のレースだったジョージ・ラッセルも、続けてリタイアを喫した。

 その間にハミルトンとフェルスタッペンの差は、3秒8まで広がった。

ハミルトン:このタイヤで、長い道のりになるね
ボニントン:そうだね

 快調なペースで周回を重ねる角田を、ボッタスは抜きあぐねていた。

リカルド・ムスコーニ:あと1周だ。すべて出しつくせ
ボッタス:わかった

 30周目まで第1スティントを引っ張ると、ピットインをしてユーズドのハードタイヤに履き替えて、角田の前9番手で復帰を果たした。

────────────────────
(その2に続く)