12月25日、埼玉県本庄市のGOLDEX本庄モーターパークで、豪華ドライバーたちが参加し、優勝賞金1,000万円をかけたカート大会『RDS × ゴルモバ HYPER KART RACE IN GOLDEX HONJO MOTOR PARK 2021』が開催される。

 このイベントは、スーパーGT等でも活躍した実業家兼レーシングドライバーの阿部光が主催するもの。レーシングカートを使ってピュアなドライビングテクニックを争う業界初の試みだ。クラスはFS125、YAMAHAカデットで、12月23〜24日に公式練習と予選ヒート、12月25日に予選ヒートとファイナルが行われる。

 参加ドライバーは実に豪華。関口雄飛、阪口晴南、山下健太、坪井翔、佐々木大樹、大津弘樹といった国内トップカテゴリーで争うドライバーに加え、佐藤蓮、小高一斗、平良響、小山美姫、金丸ユウといった実力派ドライバーが参加。全日本カートでも戦う現役カーターたちも多数参加する。そして、副競技長兼配信の解説として本山哲が登場する豪華な顔ぶれだ。

 また、女性ドライバーの参戦をサポートすべく、ファッションモデルのマギーさんから女性ドライバーへの特賞として 賞金100万円+豪華景品(脱毛サロンLACOCO全身脱毛一年分+ロジクールG923)の『MAGGY's Beauty and the Speed賞』も用意された。

「今回、女性ドライバーの方に向けた賞金と景品をご用意させていただきました。男性がとても多い世界の中で頑張っている女性を応援したい気持ち、そして男女関係なく、モータースポーツをもっと盛り上げたい、もっとたくさんの方に届けたい気持ちからこのような形になりました。どのような熱い戦いが繰り広げられるか1ファンとしても楽しみにしております」とマギーさん。

 レースは残念ながらコロナ禍ということもあり無観客での開催だが、このレースのアドバイザーには、あの堀江貴文さんが就任。ホリエモンチャンネル、大会冠スポンサーとして協賛するRDSチャンネルで生配信される。

「レーシングドライバーとしてピュアな気持ちで夢中になって走れるレースを作りたくて当大会を準備をしてきました。性別も体格もふだんの肩書きも関係ありません。世代を超えて、同じ条件で走ったら誰がいちばん速いのか。アスリートとして、観る人を熱狂させる、感動させる走りができるのは誰か。今のレース業界に必要なレースはこの形だ! と自分が信じたもの詰め込みました」と主催者の阿部。

「モータースポーツが好きな方も、観たことないという方も楽しんでいただけると思っています。是非、みなさまお誘い合わせのうえご覧いただけると幸いです」

 レースの詳細情報や生配信へのリンク、エントリーリスト等はホームページ(https://hyperkart.jp)まで。誰が賞金をつかむのか、楽しみなところだ。