F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、レッドブルとメルセデスは関係を修復する必要があり、それぞれのチーム代表同士の個人的な衝突は“何の利益ももたらさない”と主張している。

 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーと、メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、各々のチームとドライバーたちが世界タイトルを賭けて緊迫した戦いをしていたことから、2021年シーズンを通して争いを繰り広げた。

 FIAへの公式の問い合わせから、相手のマシンのある技術的側面を含む当てこすり、個人攻撃、また、スチュワードが物議を醸した判断を行った際にドライバーを断固として擁護することまで、両チーム代表はコース内外でライバルの攻撃に対し断固として立ち向かった。

 しかし、火曜日夜にイタリアでロレンツォ・バンディーニ賞を受賞したドメニカリは、2022年に向けた懸念について尋ねられ、破壊的で対立的なやりとりはF1にとって不利益なため、来年は関係性が変わる必要があるとほのめかした。

「確信を持って生きる人々はよく眠るということだ! だが我々は多くの疑問を抱いており、それに立ち向かわなければならない。最終的に対処しなければならない問題がある」とドメニカリは語った。

「レッドブルとメルセデスの間で修復されるべき関係を日々評価する必要がある。我々が目にしてきた、何の利益にもならない個人的な衝突を防ぐためにだ」

 FIAは、第22戦アブダビGPでのF1のタイトル決定戦で起きた出来事について調査を開始している。しかしメルセデス陣営は、FIAレースディレクターのマイケル・マシによるレースでのセーフティカー導入とリスタートのやり方について失望したままであり、チームはFIAの調査が手順の変更とより明確なレギュレーションにつながることを期待していると述べた。

 またドメニカリは、彼が代表を務めるF1の商業権保有者であるリバティ・メディアが、なぜシーズン終了時の論争から意図的に距離を置いているかについて説明した。

「すでに(FIAの)会長と話をしている。我々は彼が直面しなければならない優先事項について話をしたが、優先事項は数多くあるのだ」とドメニカリは話した。

「現段階では、非常に過熱した状況にさらなる議論を作り出さないためにも、沈黙を保つことは正しいことだ」

「だが我々は並外れたシーズンを過ごしたということは言っておきたい。20億人を超える人々が観たのだ。前回のアブダビGPは、2021年に最もフォローされたスポーツイベントだった。地球規模の数字であり、我々は誇りに思うべきだ」