F1第22戦アブダビGPの最終ラップでチャンピオンが決まるという、前代未聞の結末となった2021年のF1シーズン。レッドブル・ホンダは、この最終ラップの緊張に包まれるピットの様子を撮影していた。

https://youtu.be/3Z-76hgsVO0

 動画はセーフティカーが退去し、残り1周のレースが再開されるところから始まる。コース上ではメルセデスのルイス・ハミルトンがトップを走り、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがそのすぐ後を追う。

 先にチェッカーを受けたほうがチャンピオンに輝く。レッドブルのガレージでは、ある者は祈るように手を組み、ある者は肩を抱き合いながら、全員がレースの行方を固唾を飲んで見守っている。

 タイヤの状況に勝るフェルスタッペンは、レース再開直後からハミルトンとの差をジリジリと詰めていく。それに呼応するように、クルーたちからも「カモン!マックス!」と叫ぶような声が聞こえてくる。

 そして迎えたターン5。フェルスタッペンはハミルトンのインに飛び込むと、ついに先頭に出る。レッドブルのピットは大歓声に包まれるが、経験豊富な彼らはこれで終わりではないことを承知していた。まだハミルトンはフェルスタッペンのすぐ後ろにつけているのだ。

 ターン6で反撃を試みるハミルトンに、ピットはまた静まり返る。さらにストレートの後のターン9で、ハミルトンはフェルスタッペンの横に並びかけてきた。フェルスタッペンはなんとかこれを抑える。すると2台の差は開いていていった。ついに勝負は決したのだ。

 新たなチャンピオンを出迎えようと、ピットウォールに駆け寄るクルーたち。ホームストレートはマシンの轟音すらかき消すような大歓声に包まれ、その中心をフェルスタッペンが駆け抜けていく。

 大逆転でのチャンピオン獲得に、レッドブル陣営はこれまで抑えていた感情を爆発させる。この喜びの渦のなかにはホンダの山本雅史マネージングディレクターや、フェルスタッペンの父ヨスの姿もある。彼らは抱き合い、もみくちゃになりながら、長いシーズンを共に戦った仲間を称え合った。レッドブルにとっては8年ぶりの歓喜の瞬間だった。