12月28日、長年トムスのエンジニアとして数多くの優勝、チャンピオンをつかんできた東條力エンジニアが、自身のブログ(https://ameblo.jp/tsutomutojo/)内で『皆様へご報告』と題した投稿を行い、このなかで2021年12月31日付けで株式会社トムスを退職し、2022年1月1日から株式会社ルーキーレーシングに在籍することを発表した。

 東條エンジニアは、長年名門トムスのエンジニアとして活躍。スーパーGT GT500クラス、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン/全日本スーパーフォーミュラ選手権等で数多くの優勝、そしてチャンピオン獲得を成し遂げ、2021年もチーフエンジニアとしてトムスを牽引。au TOM'S GR Supraのチャンピオン獲得に貢献した。また、トムスから派遣されるかたちで、海外レースでも活躍している。

 そんな東條エンジニアが、慣れ親しんだトムスを退職し、新たにROOKIE Racingに移籍することになった。すでに関係者内には退職の報は伝えられていたが、この日自身のブログ内で、退職と移籍を公表した。

『皆様へご報告』と題した投稿のなかで東條エンジニアは、「私ごとで大変恐縮なのですが、2021年12月31日をもちまして、株式会社トムスを退職いたします。長年にわたり、トムスファンの皆様には大変お世話になりました。勝った時も負けた時にも、暖かく受け入れていただきました。心より感謝申し上げます」と綴った。

「これからもトムスのレースは続きます。もちろん強いです。レースを主体とした新しい事業を展開してゆくことになります。今後とも弊社事業に倍旧のご声援とご支援をいただきたく、よろしくお願い申し上げます」

 そして続けて、2022年1月1日から「株式会社ルーキーレーシングに在籍いたします」と移籍を発表した。

「モータースポーツを起点にしたもっといいクルマをつくり出すため、モータースポーツの魅力を地球の隅々まで届けるため、微力ながらルーキーレーシングの基盤強化を図ります」

「新しい仲間の皆さんとともに、世界に通用するレース技術を効率的に伝承するシステムを構築します。これまでのように15年も20年もかけている時間はありません。いい歳だから遠からず死んじゃうし。だからすこぶる元気なうちに、出来ることなら5〜7年で形にしたいと考えています。よろしくお願いいたします」

「トヨタのスポーツカーは世界一すごいよね! って言われる時が必ず来ます。もしも覚えていて下さるのならば、フフふっと思い出していただけたら幸せです」

 今回の移籍について東條エンジニアは、「何時頃からか、レースが苦しくなっていました。勝っても負けてもポンプが破裂するような、そんな感覚が薄らいでいるのを感じていました」という。そんななか、2021年第1戦で坪井翔がau TOM'S GR Supraを駆りトップ争いを繰り広げ、「ドライビングが鮮烈すぎて、獲れる時の感覚が戻ってきたのを感じました」と綴った。

「そして、魂の最終戦でチャンピオンを戴冠することができて、仲間のはじける笑顔に涙が光っていて、その時間をファンの皆さんと共有できて、まだまだレースを続けないとダメだよって土屋(春雄)さんに背中を押されて、MORIZOさんに受け止めていただきました」

 すでに12月に行われたスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テストでは、トムスに在籍しながら、ROOKIE Racingのピットに姿をみせていた東條エンジニア。「情熱に再び火を入れるため、プレチャンパー付きのすごいやつを仕込みました。レブリミッターに当たるのでギアレシオもロングに組み替えています」と“らしい”表現で新しい舞台への意気込みをみせた。

 東條エンジニアの他にも、今オフは有力エンジニアの移籍、さらにチーム体制の変更などが多く聞こえ始めている。ドライバーの移籍とともに、気になるところだろう。