IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦しているハート・オブ・レーシングチームが2022年の同シリーズにおいて、GTデイトナ・プロ(GTDプロ)とGTDの両クラスにアストンマーティン・バンテージGT3でエントリーすることを確認した。

 イアン・ジェームスが率いるチームを運営するザ・ハート・オブ・レーシングは、引き続きアストンマーティンのGT3カーを用いて北米スポーツカーシリーズにコミットすることを決め、シリーズ内に新たに誕生するGTDプロクラスに、アレックス・リベラスとアストンマーティン・ワークスドライバーのロス・ガンによってドライブされるバンテージGT3を送り込むとアナウンスした。

 また、チームはこの23号車アストンマーティンが、デイトナやセブリングなどで構成されるIMSAミシュラン・エンデュランスカップ(IMEC)に出場する際には、アストンマーティン・レーシング(AMR)のドライバーであるマキシム・マルタンが前述の2名に加わることもあわせて発表している。

 一方、2021年にガンとペアを組んだロマン・デ・アンジェリスはGTDクラスでチームに留まり、トム・ギャンブル、ダレン・ターナー、チーム・プリンシパルのジェームスとともにロレックス24・アット・デイトナ(デイトナ24時間)に出場する。

 この27号車アストンマーティンでフルシーズンを戦うデ・アンジェリスとペアを組むのはマルタンだ。AMRエースドライバーのひとりである彼は耐久レースではプロクラス、ウェザーテック・スプリントカップのレースではプロ・アマカテゴリーであるのGTDクラスのドライバーとしてチームに貢献する。

 11月にロード・アトランタで行われたプチ・ル・マンでクラス優勝を飾ったハート・オブ・レーシングチームは、シーズン後半に2台体制へとオペレーションを拡大。そのなかでガンとデ・アンジェリスがスプリントカップのタイトルを獲得した。

「2021年に勢いと教訓を得た我々は、冒険を拡大する準備ができている」と語るのは、デイトナでは自らGT3カーのステアリングを握るジェームス。

「私たちのプログラムの明らかな次のステップは、新たに誕生するIMSA GTDプロクラスに挑戦することだった」

「我々はチームとしての限界を押し広げ、最高のチームとドライバーとともにチャレンジし続けることに興奮しているんだ」

 この体制発表はIMSAがGTル・マン(GTLM)クラスに代わる新しいクラスとして立ち上げるGTDプロにアストンマーティンが加わることを意味し、これによって1月29〜30日に行われる開幕戦デイトナでは、同クラスに少なくとも8つのGT3メーカーが参加することになった。