1月14日、ホンダは『2022年 Hondaモータースポーツ参戦体制発表会』を東京都港区のHondaウエルカムプラザ青山で開催。そのうち二輪モータースポーツ活動では、世界選手権から国内選手権まで多様なカテゴリーへの参戦計画を明らかにしている。

 例年通り全日本ロードレース選手権の参戦体制も発表され、JSB1000クラスはAstemo Honda Dream SI Racingの作本輝介がST1000クラスからのクラス変更が発表された。作本はアジアロードレース選手権(ARRC)にもスポット参戦する。

 また、榎戸育寛もSDG Motor Sports RT HARC-PRO.でJSB1000に参戦、清成龍一はTOHO Racingに移籍、Honda Dream RT 桜井ホンダは濱原颯道、Murayama.Honda Dream.RTは秋吉耕佑、Team ATJは岩田悟、MuSASHi RT HARC-PRO.Hondaからチーム名を変更したSDG Honda Racingは名越哲平がエントリーしており、ホンダCBR1000RR-R FIREBLADEを駆り参戦する。

 ST1000クラスには、2021年度王者の渡辺一馬がAstemo Honda Dream SI Racingで継続参戦、初年度王者の高橋裕紀はEWCから戻りT.Pro.Innovationでフル参戦する。そのほか、TOHO Racingの國峰啄磨、國川浩道が、ホンダの3連覇を目指す。

 ST600クラスは、Moto2勝者で現在ホンダの開発ライダーを務める長島哲太がオーナーを務めるTN45 with MotoUP Racing Teamから羽田太河と西村硝を起用。T.Pro.Innovationの小山知良、MOTO BUM HONDAの荒川晃大、鈴木光来、伊藤元治、SDG Motor Sports RT HARC-PRO.の千田俊輝、Team T2yの山口辰也、Astemo Honda Dream SI Racingのムクラダ・サラプーチなども名を連ねている。

 そして、MotoGP、FIM世界耐久選手権(EWC)、スーパーバイク世界選手権(SBK)は既報の通り。MotoGPのレプソル・ホンダ・チームはマルク・マルケスとポル・エスパルガロのコンビ、LCRホンダ・イデミツは中上貴晶、LCRホンダ・カストロールはアレックス・マルケスが継続参戦し、表彰台やホンダ3冠を狙う。

 EWCではF.C.C. TSR Honda Franceがジョシュ・フック、マイク・ディ・メリオを続投するが、新たにジノ・レイを起用。SBKに参戦するTeam HRCはライダーラインアップを一新してMotoGPを戦ったイケル・レクオーナ、Moto2に参戦していたチャビ・ビエルゲが戦いの場を移す。MIEレーシング・ホンダ・チームはレアンドロ・メルカドとハフィス・シャーリンのコンビだ。