ホンダが1月14日、2022年のモータースポーツ参戦体制をウェルカムプラザ青山からのオンライン会見で行い、スーパーGT500クラスでは昨年、ニッサンに移籍して12号車カルソニック IMPUL GT-Rで優勝を果たした松下信治が、1年でホンダに復帰するというサプライズが発表された。

 2021年のGT500クラス、ランキングトップから3番手までホンダ陣営が独占する形で最終戦を迎えながら、不運にもGT300のNSX-GTに追突を受けるなどでタイトルを逃してしまったホンダ陣営。今年はほとんどのチームでドライバーラインアップは継続となったが、17号車Astemo NSX-GTにビックなサプライズが発表された。

 ホンダの育成ドライバーとしてFIA-F2までステップアップし、昨年、ニッサン陣営に移籍してカルソニック IMPUL GT-RからGT500にデビューして優勝を飾った松下信治がホンダ陣営に復帰。ベルトラン・バゲットに代わる塚越広大のチームメイトとして、17号車Astemo NSX-GTのステアリングを握ることになったのだ。

 松下は昨年日産陣営に加入して次期日産陣営のエースドライバー候補としてニスモヘの加入も噂されていただけに、驚きの移籍となった。これまでホンダから他メーカーに移籍したケースは多々あったが、移籍先から再びホンダに戻ったドライバーは珍しい。

 他のホンダ陣営のチーム体制としては、車番を1号車から100号車に戻ったTEAM KUNIMITSU(山本尚貴/牧野任祐)、8号車ARTA(野尻智紀/福住仁嶺)、16号車TEAM Red Bull MUGEN(笹原右京/大湯都史樹)、64号車Modulo NAKAJIMA RACING(伊沢拓也/大津弘樹)がGT500クラスに継続参戦する。

 今年のホンダ陣営は四輪部門がHRC(ホンダ・レーシング)に移管される形で二輪と合わせてモータースポーツ部門が統一され、ロゴなどのビジュアルにも変更が加わる。トリコロールカラーのHRCロゴには斜体がかかり『Honda Racing』の文字が小さく入ることになるようだ。

 復帰した松下のホンダでのパフォーマンスとともに、今年のGT500のホンダ陣営は昨年の雪辱を晴らせる走りを見せることができるだろうか。

ホンダNSX-GT 2022年スーパーGT GT500クラス
参戦チーム/ドライバーNoTeamDriver8ARTA野尻智紀/福住仁嶺16TEAM Red Bull MUGEN笹原右京/大湯都史樹17Astemo REAL RACING塚越広大/松下信治64Modulo Nakajima Racing伊沢拓也/大津弘樹100TEAM KUNIMITSU山本尚貴/牧野任祐