ホンダは1月14日、18時からオンラインで行われた2022年のモータースポーツ参戦体制発表のなかで、2022年にNTTインディカー・シリーズに参戦する6チーム17台のラインアップを発表した。チップ・ガナッシ・レーシングの1台、そしてアンドレッティ・オートスポートの1台がTBA(後日通知)となっている。

 2021年シーズンは参戦2年目のアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)の活躍によりシリーズタイトルを掴み取ったホンダ。2022年に向けて既に多くのチームからドライバー体制が発表されているとおり、1月14日時点で17台中15人のラインアップが確定している。

 ディフェンディングチャンピオンとなったアレックス・パロウはチップ・ガナッシ・レーシングから継続して参戦。また12月に発表があったとおり、インディ参戦13年目を迎える佐藤琢磨はデイル・コイン・レーシングに移籍して新たなシーズンを迎えることとなった。

 一連の体制発表の後、発表会では佐藤琢磨からのビデオメッセージが公開された。

「みなさん、こんにちは。2022年シーズンデイル・コイン・レーシングからインディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨です。いつも応援してくださりありがとうございます」と語り出した琢磨。

「2021年はなかなか思うような結果に結び付かず、試練のシーズンとなりましたが、全レース追い上げてゴールするという戦い方の中で、多くの収穫もありました」

「2022年は新体制となりますが、今からすごく楽しみにしています。デイル・コインは過去に在籍したチームの中では、最も小さな規模になりますが、少数精鋭のスタッフが揃っており、非常にコンペクティブなチームです。昨今の状況下で、プレシーズンテストが非常に限られており、実走行はわずか1日のみのテストで開幕を迎えることになりそうですが、できるかぎりの準備を進めていきたいと思っています」

「開幕戦は2月27日にフロリダ州のセント・ピーターズバーグの市街地コースで開催されます。インディカー・シリーズ参戦200戦目となるレースになりますので、新チームでのキックオフを楽しみにしています」

「また、インディ500では、2021年のリベンジを果たすべく、ふたたび勝利を目指して頑張りたいと思います。全17戦、北米での挑戦13年目の2021年も全力で走りたいと思います。2022年シーズンも、応援のほど、よろしくお願いします」と、琢磨はインディカー・シリーズ参戦13年目となる2022年シーズンに向けた意気込みを語った。

 2022年シーズン、ホンダユーザーからインディカーデビューを迎えるのは2名。2021年インディ・ライツのランキング2位、20歳のデイビッド・マルカスがデイル・コイン・レーシングから参戦し、佐藤琢磨のチームメイトとなる。もうひとりは2021年インディ・ライツのランキング6位、21歳のデブリン・デフランチェスコで、アンドレッティ・シュタインブレナー・オートスポートから参戦する。

 2022年シーズンのNTTインディカー・シリーズは2月27日にセント・ピーターズバーグで開幕を迎える。

■ホンダ/HPD 2022年NTTインディカー・シリーズ
参戦ドライバー/チーム
No.DriverTeam6エリオ・カストロネベスマイヤー・シャンク・レーシング60シモン・パジェノーマイヤー・シャンク・レーシング8マーカス・エリクソンチップ・ガナッシ・レーシング9スコット・ディクソンチップ・ガナッシ・レーシング10アレックス・パロウチップ・ガナッシ・レーシング48ジミー・ジョンソンチップ・ガナッシ・レーシングTBATBAチップ・ガナッシ・レーシング15グレアム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング30クリスチャン・ルンガーレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング45ジャック・ハーヴィーレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング18デイビッド・マルカスデイル・コイン・レーシング51佐藤琢磨デイル・コイン・レーシング26コルトン・ハータアンドレッティ・オートスポート27アレクサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポート28ロマン・グロージャンアンドレッティ・オートスポートTBATBAアンドレッティ・オートスポート29デブリン・デフランチェスコアンドレッティ・シュタインブレナー・オートスポート