1月14日、ホンダは2022年のモータースポーツ体制発表会を行った。このなかで、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)での四輪ドライバー育成についての発表のなかで、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の参戦ドライバーが発表された。

 これまで、スーパーフォーミュラ・ライツではTODA RACINGにSRS出身ドライバーが起用され、国内トップカテゴリーなどに巣立ってきたが、2022年はホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)として育成シートを用意し、選手育成の環境を強化することになった。2022年はTODA RACINGに加え、B-Max RacingからもHFDPドライバーが参戦する。

 B-Max Racingから1号車をドライブすることになったのは、2021年にFIA-F4でタイトル争いを繰り広げ、ランキング3位となった木村偉織。一方、TODA RACINGには2021年にFIA-F4のランキング5位となった太田格之進が乗り込む。

 ふたりは2021年12月に行われたスーパーフォーミュラ・ライツ鈴鹿合同テストでも各チームの車両をドライブした経験をもっている。トムス勢とどんな戦いを繰り広げるのか楽しみなところだ。

ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)
2022年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権参戦ドライバー
#1 B-Max Racing 木村偉織
#2 TODA RACING 太田格之進