1月14日、ホンダは2022年のモータースポーツ体制発表会を行った。このなかで、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に挑む2チーム2台のラインアップが発表されたが、これにあわせB-Max Racing Teamは、木村偉織のスーパーフォーミュラ・ライツ1号車への起用とチーム体制を発表した。

 2021年は名取鉄平がチャンピオンを獲得したB-Max Racing Teamは、2021年にFIA-F4で活躍した木村を2022年のドライバーに起用し、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の一翼を担いながら、2年連続のドライバーズタイトル、そして2021年に獲得できなかったチームタイトルを目指す。

 なお2021年のスーパーフォーミュラ・ライツ鈴鹿合同テストでは2台目の車両が走行していたが、これについては複数の候補がおり、現段階では参戦を含め調整中だとしている。

「今シーズン、ホンダのバックアップをいただきB-Max Racing Teamから参戦できることを大変光栄に思います。関係者の皆さまに感謝申し上げます。チャンピオンナンバーである1番を背負っての参戦はプレッシャーも感じますが、気負い過ぎないように、チームの皆様のアドバイスを吸収して着実に結果につなげたいと思います」と木村は意気込みを語った。

「まずは開幕戦で最高のスタートダッシュが切れるように準備します。ホンダ育成ドライバーとして、チームの一員として、強さを存分に見せられるシーズンにするとともに、多くの皆さまに愛されるドライバーに成長できるよう精進します。応援よろしくお願いいたします」

 また、B-Max Racing Teamの組田龍司総代表は「今シーズンは、充実した体制で参戦できることを嬉しく思っています。特に念願であったホンダの育成プログラムに携われることは、この上ない光栄です。ぜひ期待に応える結果を残したいと思います」とコメントした。

「昨年はドライバーズタイトルを獲得しましたが、シリーズ後半に失速してしまった感がありました。2022年はその反省を踏まえ、昨年達成できなかったドライバーとチーム、両タイトルの獲得を目標に、開幕戦から最終戦まで着実に勝利とポイントを重ねていきたいと思います」

 そんな木村のチャンピオン獲得を手助けするべく、チームは強化のために監督として、ドライバー経験が豊富で若手育成にも長く携わってきた高木真一を迎えることになった。

「今回、監督のお話を組田代表よりいただき大変嬉しく思います。スーパーGT GT300クラスでは、ここ数年パートナーとして福住仁嶺選手、大湯都史樹選手、佐藤蓮選手などミドルフォーミュラからステップアップしてきた若手選手とともに戦ってきましたので、その経験を基にドライビングレクチャーはもちろん、レーシングドライバーとしての在り方なども指導させていただきたいと思っております」と監督就任が決まった高木はコメントした。

「木村偉織選手が長く長くこのレース業界で飛躍していくための力になれるよう努めるとともに、タイトル獲得のためチーム一丸となって戦って参りますので、ご声援よろしくお願いいたします」

2022年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
B-Max Racing Team 1号車参戦体制
ドライバー:木村偉織(22歳)
車名:BYOUBUGAURA B-Max Racing 320
形式/エンジン:ダラーラ320/スピースA41
メインスポンサー:屏風浦工業株式会社
監督:高木真一
チーフエンジニア:宮田雅史
※車名は変更の可能性あり