1月20日(木)から31日(月)まで、東京都港区六本木のMercedes me Tokyo(メルセデスミー東京)で、2021年にスーパーGT GT300クラスを戦ったLEON PYRAMID AMGが展示される。

 Mercedes me Tokyoは、「革新し続けるメルセデスの今を提供し、新しいお客様との“コネクション”を創って」いく施設。メルセデスの最新モデルや限定モデルなど、豊富なラインアップを展示している。

 そんな施設内に、1月20日から2021年のスーパーGTを戦ったK2 R&D LEON RACINGのLEON PYRAMID AMGが展示される。蒲生尚弥/菅波冬悟のコンビで戦ってきた車両で、漆黒のメルセデスAMG GT3はファンにも高い人気を誇る。

 スーパーGTを都内で間近に観られる機会なので、ぜひお見逃しなく。なお、東京都港区六本木5丁目のル・ガラージュでは、日本レース写真家協会報道写真展に合わせ、店内にHitotsuyama Audi R8 LMSも同様に月末まで展示されている。徒歩10分ほどかかるが、六本木だけで2台のGT300車両を観ることも可能だ。

LEON PYRAMID AMG 車両展示
会場:Mercedes me Tokyo 六本木 
〒106-0032 東京都港区六本木7丁目3番10号
ギャラリーオープン時間 10:00〜20:00
※専用駐車場はなし
https://www.mercedesme.jp

展示期間:2022年1月20日(木)〜1月31日(月)