1月20日、ラリーカーの“ハイブリッド化”という新たなページをめくり、新時代に突入したWRC世界ラリー選手権の2022年シーズンがモナコの地で開幕した。今年も開幕戦の舞台となった伝統の『ラリー・モンテカルロ』では、競技初日にSS1とSS2が行われ、両ステージでベストタイムを記録したセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合トップに立っている。そんな第1戦モンテカルロのデイ1を終えた各陣営からドライバーたちのコメントが発表されている。

■Mスポーツ・フォードWRT
●クレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)/デイ1総合7番手
「ここに来たのは5年ぶりだから、かなり苦戦したよ。ペースノートを信じて、まるで初めて走るかのようにドライブしなければならなかった。だけど、僕たちはそれをやり遂げたし、マシンのフィーリングも良かった」

●ガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)/デイ1総合5番手
「このマシンを2年間待っていたんだ! 今日のシェイクダウンで走行した時にヨナス(・アンダーソン/コドライバー)にも言ったけれど、僕はこのマシンを本当に気に入っている。最初のステージでは(タイヤ選択が)うまくいったと思うけど、もしかしたらあそこではソフトタイヤ4本の方がよかったかもしれないね」

●アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1)/デイ1総合4番手
「すごく楽しめたよ。マシンは本当に素晴らしい。ダウンヒル(下り坂)で得られるパワーは特別なものだ。ステージではタイヤを少し傷めたが、今夜の出来には満足している。明日に向けて自信が持てたのはよいことだ」

●セバスチャン・ローブ(フォード・プーマ・ラリー1)/デイ1総合2番手
「戦いを楽しめたよ。タイヤについてはとても厳しかった。ステージの中盤までにタイヤをオーバーヒートさせてしまい、マシンの位置を保つのに苦労した。とはいえ、いいステージになったと思う」
※Mスポーツ・フォード勢はSS2終了時のコメントを掲載

■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT
●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20 Nラリー1)/デイ1総合6番手
「僕たちにとってはかなりトリッキーな初日だった。序盤から良いスピードを出すことが難しかったんだ。ブレーキとギヤボックス、それに他のことにも苦しめられたが、それでも1日を終えられたことには満足しているよ」

「メカニックがこれからマシンをチェックして、明日のステージに向けた準備をしてくれる。金曜日はトラブルなしの走行を目標にするのがいいだろう」

●オット・タナク(ヒュンダイi20 Nラリー1)/デイ1総合8番手
「この初日については、完全に期待外れだったと思わなくてもいい。両方のステージをこなせたのだから良かったよ。明らかに(クルマに)いくつかの問題があったが、そのせいでストップする羽目になることはなかった」

「だから、僕たちはできる限り修正して明日もラリーを続けていく。ここに来るにあたっては、できるだけの走行距離を積むことが重要になると分かっていたからね」

●オリバー・ソルベルグ(ヒュンダイi20 Nラリー1)/デイ1総合10番手
「僕たちにとって難しい1日だった。インターコムにトラブルがあったんだ。エンジン音しか聞こえなくて、コドライバーの声がよく聞こえなかった」

「ベストを尽くして最初の2ステージを終えた。それが一番のことだね。この問題は以前にはなかったから、明日は直ることを願っている。それ以外では、ヒュンダイi20 Nラリー1は素晴らしい走りをしている。前向きな姿勢を保ち、また走り始める準備はできているよ」

■TOYOTA GAZOO Racing WRT
●エルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合3番手
「今晩のステージ、とくにSS1の走りは自分ではあまり良いと思えなかったのだけど、良い順位でモナコに戻ってくることができたのでうれしく思う」

「テストではあまり良い感触を得られていなかったのだけど、ラリー本番では予想よりも少しフィーリングが良くなっていた。とはいえ、まだ完全ではないので簡単ではない。全体的に、もう少しうまく走れたと思うので満足はしていない」

「新しいクルマで初めて走るステージが暗闇の中だったため、他のことに気を取られてしまい、なかなか運転に集中できなかった。非常に多くのことが起きているので、明日に向けてやるべきことはたくさんある」

●カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合12番手
「今晩はかなり難しい戦いになるのではないかと予想していたが、残念ながらそのとおりになってしまった。朝のシェイクダウンからクルマのバランスはあまり良くなく、快適に感じられなかったんだ」

「そして、最初のステージでは小さなスピンを喫し、ギヤをリバースに入れなくてはならなかった。タイム差はかなりついてしまったが、つねにクルマを良くしようとしているので、今晩のサービスでセットアップをどのように改善できるか試してみるつもりだ。また、ドライビング面でも改善を図りたいと思う」

●セバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)/デイ1総合首位
「正直なところ、クルマのフィーリングはあまり良くなかったので、最初のステージで最速だったことに少し驚いたが、タイムは良かったから文句はない。続く2本目のステージでは、クルマのフィーリングが少し良くなった」

「クルマは昨年までとかなり大きく違い、いまは誰もが適応しようとしている段階だし、改善可能な要素も多くある。タイムはライバルとかなり接近してるし、このクルマでの初戦にも関わらず、すでに激しく、エキサイティングな戦いになっていると思う」