1月20日、ラリーカーの“ハイブリッド化”という新たなページをめくり、新時代に突入したWRC世界ラリー選手権の2022年シーズンがモナコの地で開幕した。今年も開幕戦の舞台となった伝統の『ラリー・モンテカルロ』では、競技初日にSS1とSS2が行われ、両ステージでベストタイムを記録したセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合トップに立っている。

■2022年WRC第1戦ラリー・モンテカルロ暫定結果 SS2後
Pos.No.DriverMachineGap11S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー125'48.4219S.ローブフォード・プーマ・ラリー1+0'06.7333E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0'11.2416A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+0'17.9544G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+0'21.9611T.ヌービルヒュンダイi20 Nラリー1+0'28.5742C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+0'29.288O.タナクヒュンダイi20 Nラリー1+0'41.1918勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+0'48.2102O.ソルベルグヒュンダイi20 Nラリー1+0'58.81124E.カミリ(WRC2)シトロエンC3ラリー2+1'06.21269K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1'08.8
※リザルトは編集部集計