メルセデスF1とレッドブル・レーシングは、メルセデスのベン・ホジキンソンの移籍に関して合意に達し、ホジキンソンがレッドブル・パワートレインズに2022年5月24日に加入すると発表した。ホジキンソンは同社でテクニカルディレクターを務めることになる。

 ホンダのパワーユニット(PU)を引き継ぐことを決めたレッドブルは、2021年にパワーユニット部門レッドブル・パワートレインズを設立。多数の人員集めに動き、4月には、メルセデスF1のエンジン部門でヘッド・オブ・エンジニアリングを務めたホジキンソンをテクニカルディレクターとして起用することを発表していた。

 ホジキンソンは、イルモア・レーシングを経て、そのF1部門を引き継いだメルセデスのエンジン部門であるメルセデスAMGハイパフォーマンス・パワートレインズ(メルセデスAMG・HPP)で20年を過ごした人物。

 レッドブルは、ホジキンソンの起用発表当時、彼の加入はメルセデスとの契約期間終了後とのみ述べており、具体的な移籍時期は明らかになっていなかった。

 1月21日、メルセデスとレッドブルは共同で声明を出し、ホジキンソンが今年5月にレッドブル・パワートレインズに加入することで合意したと発表した。

「メルセデスF1とレッドブルF1は本日、ベン・ホジキンソンの起用に関して合意に達した」と声明には記されている。

「2001年8月にメルセデスに入社したベンは、その合意のもと、2022年5月24日からレッドブル・パワートレインズに加入することができる」

 レッドブルは新パワーユニット部門のために、ホジキンソン以外にもメルセデスから上級職のスタッフを5人獲得することを、5月に発表している。

 10年以上にわたりメルセデスHPPのヘッド・オブ・マニュファクチャリングを務めたスティーブ・ブルーエットが、PUプロダクションディレクターに就任。エレクトロニクスチームリーダーだったオミッド・モスタギミはパワートレインズ・エレクトロニクス&ERS責任者に、パワーユニット・コンセプト・チームリーダーだったピップ・クロードはメカニカルデザインERS責任者に、エンジニアリング・チームリーダーだったアントン・メイヨーはPUデザインICE責任者に、トラックサイド&ファイナルインスペクション・マネージャーを務めたスティーブ・ブローディーはグループリーダーICEオペレーションズの役割に、それぞれ抜擢されることが決まっている。