WRC世界ラリー選手権の一戦である『サファリ・ラリー・ケニア』で2位表彰台獲得という快挙を成し遂げた2021年シーズンに続き、2022年も唯一の日本人ラリードライバーとしてWRCのトップカテゴリーに参戦している勝田貴元。1月20〜23日に行われた開幕戦モンテカルロを戦い終えたばかりの彼に、今季から導入されているラリー1カーの印象を聞いた。

 四半世紀にわたって続いたWRカーの時代が終わり、2022年のWRCでは競技車両のハイブリッド化をテーマにした新しい車両規定“ラリー1”レギュレーションが採用されている。これにともないシリーズの最高峰クラスを戦う各社は、共通仕様のプラグイン・ハイブリッドシステムを搭載する新型マシンを開発。昨シーズン中や短いオフの間に繰り返されたテストを経て迎えた開幕戦モンテカルロで、その成果を披露した。

 勝田が所属するTOYOTA GAZOO Racing WRTでは『BORN FROM WRC』をキャッチコピーに掲げ、WRCで勝つためのクルマとして誕生したGRヤリスをベースとした新型マシン『トヨタGRヤリス・ラリー1』が製作された。デビュー戦となったラリー・モンテカルロでは、王者セバスチャン・オジエが総合2位表彰台を獲得したほか、チームメイトのカッレ・ロバンペラが総合4位でフィニッシュ。GRヤリス・ラリー1は優勝こそ逃したものの、全17本のSS中、半数以上の9SSでベストタイムをマークし、勝田とエルフィン・エバンスを加えた全4台が完走を果たす船出となった。

 今季からTOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションからの参戦となった勝田は、初日にハイブリッドブーストが掛からないトラブルに見舞われた影響で出遅れたが、翌日以降はそれも解消。徐々に順位を上げ、一時は総合5番手となった。その後、デイ3のSS13で凍結した路面に足をとられてコースオフを喫したことで順位を下げたが、最終日にはトップ3タイムを2度計測するスピードもみせ、総合8位入賞を果たしている。

 そんな彼に『トヨタGRヤリス・ラリー1』と2021年シーズンまでの参戦車両である『トヨタ・ヤリスWRC』のキャラクターの違いを尋ねると、ハイブリッドの有無だけでなく、他の多くの部分が変わっていることもあり「乗り味は大きく変わっている」と説明してくれた。なかでも苦労している点はアンダーステアだという。

「(ヤリスよりも競技車両として適している)GRヤリスというクルマがベースになったとはいえ、ハイブリッドブーストもそうですし、空力が減りサスペンションストロークも減っています。また(6速パドルシフトから)5速シーケンシャルになって、リヤにバッテリーを積んでいるというところで、車重バランスも大きく変わっています。こういったところで乗り味の部分は正直、大きく変わりました」と語った勝田。

■スナップオーバーステアのような動きで、2度スピンしかけていた

 そのなかで難しさを感じる箇所にアンダーステアを挙げた勝田は、そこが「一番苦労した部分」であると述べ、「やはりセンターデフがなくなったことによってターンイン時の純粋な挙動といったところ、とくにコーナーのターンインから中のところでのアンダーが非常に強くなってしまったところがあるので、そことの戦いがすごく難しかったというか、ずっと苦労していました」と続けた。

「最終的にそのアンダーを消すことは可能で、(実際に)消すことができた日もありました。ですが、そうすると別のネガティブが部分が出て、全体的なグリップが下がってしまったりだとか、そういうことにつながっていきました」

「そのあたり、今まではセンターデフで色々とマップで解消できた部分が(ラリー1カーでは)できなくなってしまったので、ドライビングで合わせていくところと、クルマで合わせていくところにより幅が増えたように思います」

 なお、新しいハイブリッド車の特性として、コーナーの立ち上がり部分ではアンダーステアからオーバーステアに転じる方向にあるといい、とくにダウンフォースが得られにくいヘアピンなどではマシンコントロールが難しくなっているという。

「アンダーステアがとても強い傾向になってしまったのですが、アンダーが強いのはコーナの進入から中盤までで、立ち上がりでアクセルを踏んだときはリヤが重いというところと、(ハイブリッド)ブーストが『ガン!』とかかっていくので、どうしてもスナップオーバーステアのような感じでリヤが出やすくなる挙動が非常に多かったです」と勝田は説明する。

「それによってヘアピンなど、今までは全然スピンをするような場所ではないところで回ってしまったりとか、そういうことが今回は2回あって、さらにもう2回スピンしそうになった感じのところがありました」

「(舞台が)モンテカルロということで、コンディションもコーナーごとにかなり変わっていくため、それももちろん影響していると思いますが、クルマとしては少しピーキーと言うか、車重のバランスとブーストのかかり方というところが(前年までのクルマとの違いとして)顕著に出ていたんじゃないかなと思います」

 事前のテストでは乗る機会がそう多くなかったことから、「最初はそこまでスピードを出せないのではないか」という不安があったという勝田。しかし、木曜のトラブルが解消した金曜は、ハイブリッド車の特性を学んでいる最中でありながら、オジエと1.6秒差の好タイムを記録するなど自身の期待値を上回る走りができ、最終日にはトップ3タイムもマーク。最終的には「新しいクルマに対しての理解が非常に深まった、良い1週間だったように思います」と開幕戦を総括した。