F1世界選手権に参戦するアルピーヌF1チームは1月26日、2022年型F1マシン『A522』を2月21日(月)に発表すると公式Twitter(@AlpineF1Team)で明らかにした。

 2021年の開幕前にルノーF1チームから名称を変更し、アルピーヌF1チームとして生まれ変わったエンストンのチームは、その初年度にエステバン・オコンが第11戦ハンガリーGPで優勝を飾ると、チームメイトのフェルナンド・アロンソも第20戦カタールGPで7年ぶりの3位表彰台に上がり、コンストラクターズ選手権5位という結果でシーズンを終えている。

 チームはすでに2022年シーズンに向けて、アロンソとオコンのラインアップ継続を明らかにしており、リザーブドライバーには新たに育成ドライバーのオスカー・ピアストリを起用することを発表済みだ。

 そんなアルピーヌF1の2022年型マシン『A522』が2月21日(月)に発表されることになった。チームはすでに1月21日にA522の初始動を済ませており、Twitterではそのサウンドも公開されている。

 ノンエグゼクティブディレクターを努めていたアラン・プロストのチーム離脱など、シーズン開幕前に首脳陣の体制変更を行っているアルピーヌF1。マシンレギュレーションが変わる2022年にどんなレースを見せてくれるのか注目したい。

■2022年F1ニューマシン発表会日程
2月10日:アストンマーティン
2月11日:マクラーレン
2月14日:アルファタウリ
2月17日:フェラーリ
2月18日:メルセデス
2月21日:アルピーヌ