4月19日、カシオ計算機はレーシングチームのトムスとコラボレーションしたEDIFICE(エディフィス)の新商品『EQB-1100TMS』を5月14日(土)に発売すると発表した。

 エディフィスは“Speed and Intelligence”をコンセプトとした、カシオの高機能ウオッチシリーズだ。そのコンセプトテーマからモータースポーツとの関係が深く、これまでにホンダ・レーシングやアルファタウリF1モデルが登場しているほか、ニスモ、トムス・レーシングチーム、インタープロトシリーズ、レーシングドライバーの谷口信輝とパートナーシップを結んでいる。

 今回発表された最新モデルは、そのパートナーのひとつでカシオがエディフィスを通じて2013年からサポートしている、トムスとのコラボレーションモデル第3弾となる。

『EQB-1100TMS』は8.9mmの薄型ケースに、レース活動で培った技術でアフターパーツなどの開発、販売を行うトムスが展開するラグジュアリースポーツカーをデザインモチーフに採用。モータースポーツとの親和性が高いカーボン素材の文字板に、『TOM’S』のロゴや秒針、インダイアルの小針にゴールドカラーを用いることで高級感が演出されている。

 また、6時位置のインダイアルと風防の外周にはグラデーションカラーをあしらい、チタンマフラーに排気の熱などで青い焼き色が付くヒートグラデーションが表現された。

 さらに、八角形ベゼルにはブラック、ケースやバンドにはグレーのIP処理を施すなどトムスの監修のもと、デザインの随所にラグジュアリースポーツカーをイメージしたシックな印象のモデルとなっている。

 Bluetoothによるモバイルリンク機能を搭載し、専用アプリ『EDIFICE Connected』と接続することで自動で正しい時刻に修正できるほか、世界約300の都市から選択できるワールドタイム設定や2都市の時刻の同時表示を可能とした、エディフィス・コラボレーションモデルTOM’S Limited Edition『EQB-1100TMS』の価格は6万9300円(税込)だ。

 5月14日(土)の発売に先立ち、5月1日(日)から予約受付が開始される。詳しくはカシオ公式サイト(https://www.casio.com/jp/watches/edifice/products/limited-edition/eqb-1100tms/)まで。