WRC世界ラリー選手権第3戦クロアチアが開幕した。イベントの初日となった4月21日は競技前の最終チェックの場となるシェイクダウンが行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がベストタイムを記録した。

 2月下旬に行われた第2戦スウェーデンから約2カ月のブレイクを挟み、今週末に開催される『クロアチア・ラリー』は、2022年シーズン最初のフル・ターマック(舗装路)ラリーだ。

 そんな第3戦クロアチアのシェイクダウンは、サービスパークが置かれる首都ザグレブ近郊に設定された全長3.65kmのショートステージで実施され、第2戦で勝利を飾り選手権リーダーとして今戦に臨むロバンペラが最速タイムをマーク。これは昨年のクロアチアで、スタートからわずか数kmの地点でクラッシュしリタイアとなった21歳のフィンランド人ドライバーにとって、幸先の良い出だしとなった。

 3回目の走行で1分52秒5というタイムを記録してみせたロバンペラは、「最初のパスの時点でフィーリングはとても良かった」とシェイクダウンを振り返った。

「モンテカルロに行くときよりも、この路面には自信がある。僕たちはいくつかのテストを行った。主に雨が降ってきたときのために、サスペンションのセットアップを確認したんだ」

 ロバンペラとわずか0.1秒の僅差で2番手になったのは、ドライバーズランキングでも2番手につけているヒョンデ(旧ヒュンダイ)のティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)だ。1走目で全体ベストタイムを記録したオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が、トップから0.7秒遅れの3番手に続いている。

 4番手はエサペッカ・ラッピ(トヨタGRヤリス・ラリー1)でタイムは1分53秒8。これと同タイムを記録したMスポーツ・フォードのクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)が5番手となった。

 6番手、7番手はともに1分54秒8をマークしたガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)とエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)。8番手以降はオリバー・ソルベルグ(ヒョンデi20 Nラリー1)、Mスポーツに移籍したピエール-ルイ・ルーベ(フォード・プーマ・ラリー1)、その後ろに勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)、アドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1)と続いている。シュコダ・ファビア・ラリー2エボでWRC2クラスに参戦している福永修は総合41番手でシェイクダウンを終えている。

■2022年WRC第3戦クロアチア シェイクダウン結果
Pos.No.DriverMachineGap169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー11'52.5211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.138O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0.844E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+1.3542C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+1.3644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+2.3733E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+2.382O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+2.397P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+2.41018勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+2.51116A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+3.44149福永修(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+22.6
※リザルトは編集部集計