WRC世界ラリー選手権第3戦クロアチアは4月23日、競技2日目に入りデイ2のSS9〜16が行われた。前日のデイ1で後続を1分以上引き離してみせたカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が依然としてラリーをリードしているが、総合2番手につけるオット・タナク(ヒョンデ[旧ヒュンダイ]i20 Nラリー1)の猛チャージにより、その差は19.9秒に縮まった。勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合6番手につけている。

■2022年WRC第3戦クロアチア・ラリー暫定結果 SS16後
Pos.No.DriverMachineGap169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー12h14'54.528O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0'19.9342C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+1'13.4411T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+1'18.3533E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+2'08.2618勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+5'47.7721Y.ロッセル(WRC2)シトロエンC3ラリー2+8'24.61744G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+13'59.6507P-L.ルーベフォード・プーマ・ラリー1+1h05'09.6544E.ラッピトヨタGRヤリス・ラリー1+1h25'37.65749福永修(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+1h33'56.4R2O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1SF9
※リザルトは編集部集計