2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行われ、アルファロメオの周冠宇は15位でレースを終えた。

■アルファロメオF1チーム・オーレン
周冠宇 決勝=15位
 望んでいたような結果は得られなかったけど、この週末には僕にとってポジティブなことがたくさんあった。3日間を通じてのパフォーマンスだけでなく、初体験のスプリントレースに向けてしっかり準備できたことも含めてね。

 週末は予想以上にいい形で始まり、予選でも悪くない位置につけていた。ただ、土曜(スプリントで)の出来事がレースの成績に大きく響くことになった。このコースでは追い抜きがとても難しく、ピットレーンからのスタートでは、トップ10までの挽回はなかなか望めないことは最初から分かっていた。そして、やっとウイリアムズ(ニコラス・ラティフィ)を抜いた時には、もうその前のクルマとのギャップが大きすぎて追いつけず、その後の僕のレースは淡々としたものになったんだ。難しいコンディションのなかで学んだことをしっかり消化して、今後のレースに活かせるようにしたい。