2022年にマクラーレン移籍2年目を迎えたダニエル・リカルドは、昨年苦労したマシンへの適応が進んだことで、今シーズンはより早い段階から結果を残せると考えている。

 2021年にルノーからマクラーレンに移籍したリカルドだが、その最初のシーズンは決して理想的なものではなかった。自身のドライビングスタイルがマクラーレンのマシン特性と噛み合わず、特にシーズン序盤においてはチームメイトのランド・ノリスに遅れをとる形となった。

 しかし、マクラーレンでの2年目のシーズンを戦う彼は、自らの進歩に自信を抱いているようだ。『GP Fans』によると、リカルドは「もしマシンが昨年と全く同じものだったとしても、ここで1年を過ごしたことでより自然に感じられるはずだ」と語り、マクラーレンへの適応が進んでいることを明かした。

「すべてが以前より自分に馴染んだように感じる。今年のマシン特性は言ってみれば昨年と同じようなものなんだけど、より快適なんだ」

 とはいえ現時点でのリカルドの状況は昨年とそう変わらない。開幕4戦の予選ではすべてノリスの後塵を拝しており、獲得ポイントでも彼を下回っているのが現状だ。

 リカルド自身も「間違いなくまだ改善の余地がある」として、マシンのポテンシャルを最大限には引き出せていないことを認めている。しかし、持ち前のポジティブさをのぞかせる彼は、昨年と同じ轍を踏むことはないと考えているようだ。

「僕はいつも高いレベルで、内なる自信みたいなものを持っているんだ。自信という点では十分だし、これからもっと良くなっていくことを期待している」

「もちろん長く待っているつもりはない。昨年はスロースタートだったけど、今年も同じようなことになるとは思わない」