2022年第四四半期にも日本国内において正式発表が予定される新型『BMW 7シリーズ』がひと足早く登場し、その初期生産限定モデル“THE FIRST EDITION(ザ・ファースト・エディション)”の先行販売受付が、BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)限定で4月21日より開始されている。

 旗艦SUVの『X7』とともにモデルチェンジが噂されていたフラッグシップ・サルーンが、限定販売というかたちで早くも日本上陸を果たすこととなった。

 今回発表の“THE FIRST EDITION”は、新型車の初期生産モデルとして『BMW 740iエクセレンス』『BMW 740i Mスポーツ』、そして電気自動車の『BMW i7 xDrive60エクセレンス』の3モデルをベースに、それぞれ50台、計150台限定で販売される。

 本国では4月20日付で公開された7代目モデルは、シリーズ誕生から45年を迎え「もっとも先進的かつ革新的1台」と称され、その言葉どおりエクステリアでも縦方向に大型化した伝統のキドニー・グリルに加え、近年のシトロエンやミツビシのように、上下2段構成となったヘッドライトやDRL(デイタイム・ランニング・ライト)類が目を引く。

 一方のインテリアも、空調の吹き出し口が完全にマスクされたミニマルな空間となり、メータークラスターと一体型ガラスを採用する大型ディスプレイを採用。最低限の構成要素でミニマルな美を表現するとともに、センターコンソールやドア側アームレスト部にもヒーターを内蔵するなど、最上級のおもてなし空間が構築された。

 その新型に設定された“THE FIRST EDITION”では、量産車世界初となる31.3インチの8Kパノラマ・ディスプレイを含むリヤ・シート・エンターテイメント・エクスペリエンスに加えて、アンプ出力1965W、40スピーカー、32チャンネルのハイスペックを誇るBowers&Wilkins製ダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムを特別装備し、従来の車内エンターテイメント機器への期待値を大幅に超える、ラグジュアリーなシアター体験が提供されるという。

■専用ホイールを装着し、初期生産モデルの特別感を演出

 内外装色の組み合わせでは、BMWの人気色でもあるミネラル・ホワイトやブラック・サファイアに、高品質なブラックのメリノ・レザー・シートとの組み合わせを中心とし、グレード別に『BMW 740iエクセレンス』ではオキサイド・グレーのエクステリアと、新色となるスモーク・ホワイトのメリノ・レザーにライト・グレーのカシミアとのコンビネーション・シートを採用する。

 また『BMW i7 xDrive60エクセレンス』では、こちらも新型モデルより採用されるコーチ・ラインを施したタンザナイト・ブルーとオキサイド・グレーとの鮮やかな2トーン塗装に、タルトゥーフォとナイト・ブルーのバイ・カラー仕様のメリノ・レザー・シートの仕様を、それぞれ5台ずつ設定した。

 そのほかにも、この限定車“THE FIRST EDITION”だけの特別装備として、3Dポリッシュ加工を施した専用ホイールを装着し、初期生産モデルとしての特別感を強化。前述のとおりBMWオンライン・ストアのみで先行販売が行われ、価格は『BMW 740iエクセレンス THE FIRST EDITION』と、同『BMW 740i Mスポーツ THE FIRST EDITION』が1720万円(税込)、そしてBEV仕様の『BMW i7 xDrive60エクセレンス THE FIRST EDITION』が1900万円(税込)となり、前述のとおり3機種ともに各限定50台となっている。

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/7-series/sedan/2022/bmw-7series-sedan-highlights.html