ピレリは2023年に向けたF1タイヤテストを4月26日にスタートした。今年初のタイヤテストは、第4戦エミリア・ロマーニャGP後のイモラで実施された。

 イモラでは、2日間のテスト日程のなかで、4チームが走行する予定となっている。初日26日にはアルピーヌのエステバン・オコン、アルファタウリのピエール・ガスリー、アルファロメオの周冠宇が参加した。オコンは122周、ガスリーは121周、周冠宇は120周をそれぞれ、2023年用タイヤで走りこんだ。
 27日にはアルファタウリ、アルファロメオ、フェラーリがテストを行う予定となっている。


 イモラの後には、ムジェロ(6月24日)、レッドブルリンク(オーストラリアGP後の7月12日、13日)、ハンガロリンク(ハンガリーGP後の8月2日、3日)、モンツァ(イタリアGP後の9月13日)でテストが実施されるスケジュールとなっている。参加チームは9チームで、ハースのみが参加しない。