ホンダは4月27日、ビジネスジェット機『HondaJet(ホンダジェット)』を活用した新たなモビリティサービスの概念実証(PoC)を開始すると発表した。

 このサービスは陸上と空のモビリティの提携により、出発地から目的地までのスムーズで快適な移動体験を提供するもの。ホンダは、ホンダジェットを含むさまざまなモビリティを活用し、国内の中距離距離移動をより便利で快適にする事業の検討を開始し今後、事業化に向けた課題抽出を目的に、2022年中にデモフライトを含むPoCを実施するとしている。

 日本は、アメリカや欧州諸国と比較して、ホンダジェットのようなビジネスジェットに対する社会的認知の低さやインフラ・サービスの未発達であり、この分野は発展途上にあるといえる。

 そうした状況のなか、“自由な移動の喜び”の拡大を目指すホンダは、グループで培ってきた空関連事業に関する知見に加え、二輪・四輪ビジネス領域での豊富な経験を活かした、まったく新しいモビリティサービスの検討を開始。
 
“所有”から“利用(シェア)”へとビジネスジェットの可能性を広げ、移動に必要な諸手続きや手間の削減、乗り継ぎの非効率さなどを改善し、より自由で快適な移動を実現するべく、以下に挙げる3つの狙いを軸にサービス提供に向けた課題の洗い出しを行っていく。

【新事業の狙い】
・陸と空のモビリティ連携により、出発地から目的地まで自由で快適な移動を実現
・ホンダジェットでの移動により、地方都市間の移動効率化や地方活性化に貢献
・関連事業者・地方自治体などのパートナーとともに、2022年中に概念実証を開始

 ホンダは今後、上記の狙いにもあるように他の事業者や自治体などのパートナーの連携し、主にビジネスユースを想定したデモフライトを含む概念実証を今年中にスタートさせる。同事業の詳細については特設サイト(https://www.honda.co.jp/HondaJetsharing/)などで随時情報を発進していくという。