現在40歳のフェルナンド・アロンソは、現時点で自分には他のドライバーたちより優れたパフォーマンスを発揮できる力があると感じており、F1からの引退は考えていないと語った。

 2001年にミナルディからF1デビューを果たしたアロンソは、ルノー、マクラーレン、フェラーリ、マクラーレンとチームを移りながら戦った後、2018年末でいったんF1活動を休止した。そして、共に2度のタイトルを獲得したルノーの後身アルピーヌから、2021年にF1復帰、相変わらずの強さを発揮して、若きチームメイト、エステバン・オコンよりも上位でシーズンを終えた。

 今シーズンはトラブルやアクシデントなど不運が重なり、結果が出ていないものの、アロンソの強さに衰えは見えない。

 アロンソは、モチベーションを維持できるのは「自分が他のドライバーよりも優れていると感じるからだ」と語った。

 また、引退を考えるとしたらどういう時かと聞かれ、アロンソは「他のドライバーが純粋な能力で僕を打ち負かしたとき、良いスタートができなかったり、マシンの準備がうまくやれなかったり、チームメイトが自分より1秒速く、相手に匹敵するタイムが出せないときだ」と答えている。

「そうしたら、手を挙げて『何か他のことについて考える時が来た』と言うだろう。でも今のところ、それとは全く逆の気分だ。レースが大好きなんだ」

 サウジアラビアとオーストラリアではトラブルに見舞われ、エミリア・ロマーニャではアクシデントでリタイアと、今シーズン、不運が続いているせいで、アロンソは第4戦終了時点で2ポイントしか獲得していない。それでもアロンソは気落ちして引退を考えるようなことはないという。

「今シーズンここまで、たくさんの不運に見舞われている。僕にはどうすることもできない出来事だ」とアロンソはスペインの『Mundo Deportivo』に対して語った。

「でも、シーズンの出だしが好調で悪い終わり方をするよりも、良い形でシーズンを終えられる方がいい」

「とはいえ、レースをテレビで見てみると──実際、僕自身、よく見ているのだが──、本来なら25点から30点を獲っているはずなのに、実際はたったの2点だ。それは辛いよね」

 アロンソが2023年にアルピーヌとの契約を更新できるかどうかはまだ定かではない。アルピーヌは、育成ドライバーで2021年F2選手権チャンピオンのオスカー・ピアストリを来年にはF1にデビューさせたいと考えているが、ピアストリのために他チームのシートを見つけて、アロンソを残留させる可能性もある。