フォーミュラeのチャンピオンであるニック・デ・フリース(メルセデスEQフォーミュラEチーム)は、2023年に自身がウイリアムズからF1に参戦する可能性があるという噂について「初耳だ」と語った。

 アルピーヌが来年ライバル勢に貸し出そうとしている才能ある若手ドライバー、オスカー・ピアストリの将来についてF1の専門家たちが議論するなか、ウイリアムズはこの若きオーストラリア人ドライバーの行き先候補チームとして浮上している。

 しかしベテランF1記者のジョー・ソワードは自身のブログにおいて、ウイリアムズがピアストリにF1での修行の場を提供し、2024年以降にアルピーヌに復帰させることはないだろうと示唆。その代わり、ウイリアムズはアレクサンダー・アルボンと契約を結ぶ前に話し合いを持ったデ・フリースを採用する方がいいだろうというのだ。

 ソワードによると、ウイリアムズはデ・フリースを定期的にチェックしているという。だがこれは、メルセデスのワークスチームからフォーミュラeに参戦するデ・フリースにとって初めて耳にすることだった。

 デ・フリースはオランダのウェブサイト『GPFans』に「それらの噂を初めて聞いた」と語った。

「どこでその噂を読んだのか、どこで出会ったのかわからない。でも、どこで(その噂を)聞いたのかとても気になるね。正直なところ、僕にはわからないから」

 27歳のデ・フリースは2023年の計画についてウイリアムズとは話し合いを行っていないと主張したが、現在メルセデスとマクラーレンのリザーブドライバーを務める彼はF1にフル参戦することを熱望している。

「もちろんF1は夢だ。すべての若手ドライバーにとっての夢だよ。でも、まだシーズンのかなり序盤だ。僕たちの選手権ではたった6戦目を終えたところだ」