2022年F1マイアミGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは4位を獲得した。コンストラクターズ選手権において、首位フェラーリと2位レッドブルとの差はわずか6点に縮まった。

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 非常に戦術的なレースだった。うまくやるために、持てる力をすべて出し切った。セーフティカー出動時にフェラーリがピットに入らなかったことは、我々にとって本当にラッキーだった。

 マックスはシャルル・ルクレールから大きなプレッシャーを受けていた。その状態でマックスは集中力を切らさず、一切ミスをせずに、少しずつDRS圏外へとルクレールを引き離していったのだ。今日はDRSの効果が非常に大きかったが、マックスはそうして勝利を手に入れた。

 チェコは今日非常に不運だった。序盤にセンサーの問題が発生し、約30馬力を失ったのだ。我々は彼をピットインさせて、タイヤによるアドバンテージを与えることにした。彼は全力で戦ってくれた。問題が発生しなければ、2位でフィニッシュしていたかもしれない。

 この後、興味深いレースが続く。マシンは良い状態で走っているし、夏にはいくつか開発を導入する予定だ。車重もさらに落とす必要がある。とはいえ今週末の結果には満足している。

(バーチャルセーフティカーが出て、セーフティカーに切り替わった時のことについて『Sky Sports』に対して語り)VSCが出ている時に、マックスはピットラインを通過した。その時に考えられる最悪の事態は、フル・セーフティカーになって、ルクレールと(カルロス・)サインツがフリーストップを得ることだった。

 だがありがたいことに、フェラーリは2台ともピットに入れなかった。おかげで引き続き同じ戦略で走ることができた。そうでなければ、フェラーリは大きなアドバンテージを得ていただろう。

 我々はフェラーリがタイミングを見送ったことで、苦境に陥らずに済んだ。彼らはフリーストップを得て、ソフトタイヤに換えることもできたのだ。