2022年F1第5戦マイアミGPの決勝レースが行われ、アルファロメオの周冠宇はリタイアでレースを終えた。

■アルファロメオF1チーム・オーレン
周冠宇 決勝=DNF
 うまく攻めることができていたところでリタイアする羽目になるなんて残念だ。今日はポジティブな結果を出すのに必要なものがすべて揃っていると感じていた。何が問題だったか今も調査している。分かっているのは冷却水が漏れたということだけだが、原因を特定して対処する必要がある。

 もちろん苛立ちを感じるが、これもレースの一部だ。僕のレースは短かったが悪くはなかった。リタイアした時はスタートから3つ順位を上げていたし、マシンの感触も本当によかった。今、僕が集中しているのは次のレースのことだけだ。状況を好転させてふさわしい順位につけたいよ。そうするためには週末を通してすべてをまとめ上げる必要がある。