オーストラリアのみならず、世界でも人気を集める同大陸最大のツーリングカー選手権、RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップに参戦する強豪ウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド(WAU)は、2023年導入予定の新車両規定“Gen3”に合わせて、ホールデンからフォードへの衝撃的なスイッチを発表。1990年から2016年まで、30余年にわたってGM(ゼネラルモーターズ)の筆頭ファクトリーチームとして活動し、6度のドライバーズタイトルと186勝を記録してきたWAUが、来季よりフォード・パフォーマンスのワークス指定チームに生まれ変わることとなった。

 同国の自動車市場におけるホールデン・ブランドの消滅に合わせ、来季導入の新車両規定のもと『シボレー・カマロZL1スーパーカー』にスイッチする計画のGM陣営だが、その節目を前にシリーズのファンにとっても“精神的主軸”と言える存在が、電撃的なブランド変更に踏み切る決断を下した。

 長年、ホールデン・レーシング・チーム(HRT)のステータスを掲げ、ホールデンのワークスチームとして活動してきたウォーキンショー・レーシングに、アメリカのビッグネームであるアンドレッティ・オートスポートとユナイテッド・オートスポーツが2018年から資本参入し、チームは新たにWAUへと生まれ変わることとなった。これにより、言わずと知れたマイケル・アンドレッティと、マクラーレンの最高経営責任者ザック・ブラウンがWAUのボードメンバーに名を連ねる。

 その母体となったウォーキンショー・レーシング時代から組織を率いるライアン・ウォーキンショーは、この決定により「チームが新たな時代を迎えることに興奮している」と、英断の背景を語った。

「30年以上もの間、我々はフォードと真っ向から勝負してきたが、新たなGen3時代に向け、彼らと力を合わせることは明確な前進になる。我々としても、これほど長きにわたるホールデンとの歴史を非常に誇りに思っている。その期間は何物にも代え難い資産だ」と語ったウォーキンショー代表。

「そのことにはつねに感謝の念を抱いている。だからこそ2022年末のスーパーカー最終レースまで、誇りを持ってホールデン・バッジを装着する。しかし、今は変化のときだ。新しいチャプター(章)の始まりなんだ」

■エースのモスタート「マスタングに乗るのは“帰郷”するようなもの」

 現在チームに在籍するチャズ・モスタートとニック・パーカットは、契約上来季もWAUに残留してフォードのステアリングを握る公算となる。とくにエースのモスタートは、2020年のチーム加入以前は10年以上もフォード陣営で戦ってきただけに、本人としても古巣への帰郷に前向きな意欲を見せる。

「僕は過去にもフォードと長く成功した関係を築いてこれた。2023年以降、ふたたびブルーオーバルに参加できることは本当にエキサイティングで、最高の決定だよ。マスタングに乗るのは“帰郷”するようなものだ。でもその前に、2022年もやるべき仕事が残っている。それこそが今、僕が焦点を当てていることだ」と語った2代目TCRオーストラリア王者でもある30歳のモスタート。

 2013年にディック・ジョンソン・レーシング(DJR)でシリーズデビューを飾った男は、翌年ティックフォード・レーシングに移籍し、聖典『バサースト1000』を初制覇。そして昨季2021年にはホールデンでも“グレートレース”で勝利を飾っている。

 フォード・オーストラリアの代表兼最高経営責任者であるアンドリュー・ブルキッチは、このWAU加入に際し「我々は勝つためにここにいる」と、改めてシリーズ新時代への決意を表明した。

「我々はファンのために最高のショーを開催するべく、最高の組織、最高の人々と協力して、ブルーオーバルをその最前線に置くことを目指している。彼らは同じコアバリューと信念、スポーツへの情熱、そして勝利への真の意欲を持った組織だ。以前のライバルを家族に迎えることができてうれしく思うし、今後の協力とWAUの成功を楽しみにしている」