5月20日、モータースポーツのレース中継や関連番組を放送しているスポーツ専門チャンネルのJ SPORTSは、“世界三大レース”のひとつであるル・マン24時間レースを含む国内外の耐久レース計4戦を、5月から7月にかけて3カ月連続で生中継すると発表した。また、パソコンやスマートフォン、タブレット等で視聴できるJ SPORTSオンデマンドでの追加のライブ配信も決定している。

 J SPORTS/J SPORTSオンデマンドによってこの5月から3カ月連続で放送される耐久レースは、WEC世界耐久選手権のシーズンハイライトでありフランスを代表するクラシックレースである第3戦ル・マン24時間、その隣国ドイツで5月28〜29日に開催されるニュルブルクリンク24時間(ADACトタルエナジーズ24時間レース)、日本唯一の24時間レースとして富士スピードウェイを舞台に争われるスーパー耐久シリーズ第2戦富士SUPER TEC 24時間レース、そしてル・マン24時間やデイトナ24時間と並んで“世界三大耐久レース”のひとつに数えられるスパ・フランコルシャン24時間レース(トタルエナジーズ・スパ24時間)の合計4イベントだ。

 なかでも注目のWEC第3戦、6月11〜12日に開催されるル・マン24時間レースは、ドライバーとチーム代表を兼務する小林可夢偉率いるTOYOTA GAZOO Racingの大会5連覇が懸かっていることから目が離せない。2022年シーズンからチームに加わり8号車トヨタGR010ハイブリッドをドライブする平川亮の活躍も注視したいところだ。

 また、同レースには木村武史(ケッセル・レーシング)やWECフル参戦中の星野敏と藤井誠暢(Dステーション・レーシング)が出場することが決まっており、トップカテゴリーのハイパーカークラスだけでなく、彼らが優勝を目指す“激戦区”LMGTEアマクラスの戦いにも注目だ。

 そんなル・マン24時間の決勝レースの模様をJ SPORTSは、テレビ(J SPORTS 1)とオンデマンドで完全生中継する。さらにJ SPORTSオンデマンドではレースウイークに実施されるフリープラクティス、予選、ハイパーポールのライブ配信も行われる。

 一方、この他の国内外3イベントについても、各レースの緊張が高まるスタートと感動のゴールパートを4つのチャンネルとJ SPORTSオンデマンドを用いて生中継/ライブ配信されることが決まった。4つの24時間レースの放送予定は以下のとおりだ。

■ル・マン24時間レース
・6月11日(土)10:30〜 Part1【スタート】
・6月12日(日)02:00〜 Part2【サンセット】
・6月12日(日)05:30〜 Part3【ミッドナイト】
・6月12日(日)09:00〜 Part4【トワイライト】
・6月12日(日)12:30〜 Part5【サンライズ】
・6月12日(日)15:00〜 Part6【サバイバル】
・6月12日(日)18:00〜 Part7【クライマックス】
・6月12日(日)21:00〜 Part8【ゴール】
※すべてJ SPORTS 1/オンデマンド

■ニュルブルクリンク24時間レース
・5月28日(土)22:30〜25:30 [Part1]START J SPORTS 2/オンデマンド
・5月29日(日)20:30〜23:30 [Part2]FINISH J SPORTS 2/オンデマンド

■富士SUPER TEC 24時間耐久レース
・6月4日(土)13:30〜20:30 Part1[スタート] J SPORTS 4/オンデマンド
・6月5日(日)10:00〜16:00 Part2[ゴール] J SPORTS 3/オンデマンド

■スパ・フランコルシャン24時間レース
・7月30日(土)23:55〜27:30 Part1[スタート] J SPORTS 1/オンデマンド
・7月31日(日)20:55〜24:30 Part2[ゴール] J SPORTS 3/オンデマンド