日産自動車は5月20日、電気自動車(EV)の新型軽モデル『ニッサン・サクラ』を発表し、2022年夏に発売することを明らかにした。

 100%電気で走行するバッテリーEV(BEV)である『サクラ』は、ニッサンとミツビシが設立したジョイントベンチャー『NMKV』で開発された新型の軽自動車だ。

 軽自動車の特長のひとつである小回り性能に加え、『ニッサン・リーフ』の開発で培った技術をフルに投入したEVならではの静粛性や、力強くなめらかな加速を実現した新型EV軽の発表に際し、日産自動車副社長の星野朝子氏は次のようにコメントしている。

「サクラは、リーフ、アリアに続く、量販乗用車モデルとなる電気自動車です」

「軽自動車市場に投入するこの電気自動車は、日本の自動車市場の常識を変える“ゲームチェンジャー”となり、電気自動車の普及促進に弾みをつける存在になると確信しています」

 そんなサクラは、最大195Nmのトルクを発揮する電気モーターと、高度な制御技術によってもたらされる素早く滑らか加速により、高速道路の合流も無理なくスムーズにこなすことが可能。また、モーター構造の最適化により軽自動車としては最高水準の静粛性を実現した。

 ドライブモードはEco、Standard、Sportの3つから選ぶことができ、アクセルペダルだけで車速をコントロールできるe-Pedal Stepも採用された。さらに、運転支援技術の“プロパイロット”に加え、駐車支援システム“プロパイロット パーキング”が軽自動車として初搭載されている。

 搭載バッテリーはリーフで実績のある最先端のリチウムイオンバッテリーが選ばれた。バッテリー容量は20kWh、航続距離は最大180km(WLTCモード)となっている。このバッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電することで、家庭の電力として使用することも可能だ。

 車両の外観は大人の雰囲気を感じさせるデザインに仕上げられ、フロントフェイスは静けさの中に潜む力強さを全体で表現。軽初採用となるプロジェクタータイプの3眼ヘッドランプを用いた薄型ヘッドライトを備え、その間には発光するエンブレムが配置された。また、バックドアには格子をヒントにしたLEDリヤコンビネーションランプが備わり、テールランプ全体を美しく光らせる。

 ホイールには、日本の伝統美を感じさせる水引からインスピレーションを受けたデザインのアルミホイールを採用。足元のアクセントとしてクルマ全体にシックな印象を与える役割を果たしている。ボディーカラーは四季の彩りを想起させる2トーンのシーズンズカラー4色をはじめ、2トーンとモノトーンの全15色が用意された。
 
 一方のインテリアでは、7インチ・アドバンスド・ドライブアシスト・ディスプレイを採用したメーターと、大画面の9インチ・ナビゲーションを水平方向にレイアウト。ドライバーの視線移動に合わせた形状にすることで、使いやすく、見やすい設計となっている。

 シートには座り心地の良いソファデザインを採用することで、ワンランク上の品質を提供する。また、カッパー色のフィニッシャーを水平ラインに配置し、モダンで広がりのある空間へと仕立てられた。インテリアカラーはブラック、ベージュ、ブラックを基調にベージュシートを搭載したプレミアムインテリアの3種類となっている。

 グレードはS、X、Gの3つ。価格は233万3100〜294万300円(税込)となっているが、最大55万円の補助金を受けられるクリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の実質購入価格は、約178万円(税込)からとなる予定だ。

 なお、車名の『サクラ』は、「日本の電気自動車の時代を彩り、代表するクルマとなって欲しい」という願いから、日本を象徴する花である“桜”に由来し、社内公募により決まったという。

■ニッサン・サクラ 主要諸元
バッテリータイプリチウムイオンバッテリーバッテリー総電力量20kWh最高出力47kW最大トルク195Nm最高速度130km/h航続距離(WLTCモード)最大180km充電時間・普通充電:8時間(バッテリー残量警告灯点灯位置〜100%)・急速充電:約40分(バッテリー残量警告灯点灯位置〜80%)全長3395mm全幅1475mm全高1655mmホイールベース2495mm車両重量(モデル、装備により異なります)1070〜1080kg荷室寸法107L乗車定員4名