メルセデスがF1第6戦スペインGPで今シーズン3度目の表彰台を獲得した。過去2回はバーレーンGP(ルイス・ハミルトン3位)とオーストラリアGP(ジョージ・ラッセル3位)だったが、この2レースはレッドブルのマックス・フェルスタッペンがリタイアして、ある意味、棚ぼたで転がり込んできた表彰台だった。

 しかし、スペインGPでのラッセルの3位は、こちらもシャルル・ルクレール(フェラーリ)のリタイアがあったとはいえ、レース前半にはセルジオ・ペレスとフェルスタッペンの2台のレッドブルとバトルを演じ、いずれも抑え込みに成功していた。

 またチームメートのハミルトンの5位も、スタート直後にアクシデントでいきなりピットインして19番手から這い上がってきて、レース終盤にはフェラーリのカルロス・サインツを一度はオーバーテイクするという力強い走りだった。

 スペインGPにおけるメルセデスに多くの人たちが驚いたのは、レースペースだけではない。その走り自体にも多くの人々が目を見張った。そのひとつが、ストレート上でマシンが上下に弾むポーパシングが、スペインGPではほとんど見られなかったことだ。

 ラッセルは「ストレート上ではポーパシングは発生していなかった」と語っている。

 ただし、メルセデスのチーフストラテジストを務めるジェームズ・ヴァレスは、「ポーパシングが解決したとは思っていない」と、レース後にチームが公開しているレース分析という動画で答えている。

「6戦のうち1度、良い結果だったとからといって、すべてが解決したわけではない。我々のマシンは確かにスペインGPにいくつかのアップデートパーツを持ち込み、それによってマシンのいくつかのエリアが改善した。だが、マシンの基本的な部分は最初の5レースと同じであり、なぜ最初の5レースでポーパシングが起きていたのかということに関して、まだ適切な答えを見つけたわけではない」とヴァレスは語った。

 メルセデスはスペインGPに、いくつかのアップデードを持ち込んだ。ひとつは外縁にスロットが追加されたフロアで、そのほかエンドプレートのキャンバーが変更されたフロントウイングなども投入した。しかし、それだけがメルセデスのポーパシングを解決した理由ではない。

 もうひとつの理由は、カタロニア・サーキットのレイアウトと路面状況だ。それを物語るのは、スペインGPではメルセデス以外のチームもほとんどポーパシングに苦しんでいなかったことだ。つまり、カタロニア・サーキット以外のコースでは、まだポーパシングに苦しむ可能性がある。

 ヴァレスもそのことは覚悟している。

「我々は今のところからスペインGPで前進したが、旅はまだ続く。一夜にしてすべてが変わることはない。これから、難しいコースも待ち受けている」

 その難しいコースこそが、「今週のモナコと次のバクーだ」とヴァレスは言う。このふたつのサーキットは市街地コースで路面がバンピーなため、ポーパシングが発生しやすい。

 メルセデスが本当にポーパシングを解決したかどうか? その答えは、今週末のモナコGPと、6月のアゼルバイジャンGPが終わるまで待たなければならないのかもしれない。