2022年F1モナコGP決勝で、フェラーリのカルロス・サインツは2位を獲得した。

 ファーストスティントはグリッド位置と同じ2番手を走行、首位を走るチームメイト、シャルル・ルクレールとは異なり、チームがウエットタイヤからインターミディエイトへの交換を提案した際に、スリックタイヤに直接換えることを希望し、ステイアウト。それによってルクレールの前に出たが、レッドブルはインターミディエイトで非常に速く、サインツは、アウトラップで周回遅れのマシンに引っかかったこともあり、セルジオ・ペレスの後ろに落ちてしまった。

■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=2位
2番グリッド/タイヤ:ウエット→ハード

 タフなレースだった。でも全体的に見て、それほどがっかりする必要はないと思う。ウエットタイヤからスリックに交換するという正しい判断をした。ただ、アウトラップで周回遅れのマシンに引っかかり、大幅に時間を失った。それでトップに立つチャンスを失ったんだ。ペレスが僕の前でコースに復帰して、それでおしまいだ。

 このコースはオーバーテイクがとてつもなく難しい。その上、レーシングラインを外れると、路面が濡れた場所があったので、今日は余計に難しかった。

 勝利が目の前にあったから、この結果を受け入れるのは簡単ではない。でもベストを尽くしたと言えるし、次のダブルヘッダーには、チームとしてより強くなって戻って来るつもりだ。

 今日は戦略をうまく決めた。路面が乾くまでエクストリームウエットでステイアウトするという僕の判断は正しかったんだ。すべてが完璧だったのに、アウトラップだけがうまくいかなかった。アウトラップで時間を失っていなければ、今日、優勝を祝っていただろう。

 でも文句ばかり言うつもりはないんだ。F1はこういうスポーツだということは分かっている。チェコはジェッダで不運だった。今日の彼は、素晴らしいレースをしたことに加えて、僕の件では少しラッキーだった。F1ではそういう風に、運が変わるものなんだ。