5月25日にワールドプレミアが予告されていたマセラティの誇るスーパースポーツ『MC20』のスパイダー版となる新型モデルが登場。その名も『MC20チェロ』は、格納式ガラスルーフを持ち、F1由来のプレチャンバーを採用するV6“ネットゥーノ”搭載とともに、その圧巻の性能と無限に広がる空をつなぐ接点として、特別な「空の感覚」がもたらされる1台に仕上げられた。

 マセラティ・コルセ(「レーシング」の意)を指す『MC』と、ブランドにとって新時代の幕開けとなった2020年を指す『20』、そしてイタリア語で『空』を意味する「チェロ(Cielo)」の名を組み合わせた『MC20チェロ』は、その性能に見合った“スパイダー”化に際しても独創的なテクノロジーを採用した。

 そのハイライトとなる格納式ガラスルーフには、高分子分散型液晶(PDLC)技術によりセンタースクリーンのボタンに触れるだけで、車窓は一瞬にして透明から曇った状態へと変化する最先端のエレクトロクロミック(スマートガラス)ウインドウを採用。

 また、ルーフの断熱性と開閉速度(わずか12秒)も最高レベルを実現し、ルーフを閉じ窓を曇らせれば包まれたような感覚に、ルーフを透明にすれば光が溢れるような感覚、そしてルーフトップを格納すれば外の世界を全身で感じることができるという。

 風洞テストではルーフの開閉状態に関わらず全方向から検証された最先端のエアロダイナミクスにより、エレガントでありながらスポーティなエクステリアを維持し、クーペと比べた重量の増加はわずか65kgに抑制した。

 ツインインジェクションシステムを用いながら、F1を筆頭としたモータースポーツ用直噴エンジンでトレンド化した“プレチャンバー(副室燃焼)”を世界で初めてロードカーエンジンに採用したネットゥーノは、ドライサンプ採用の3リッターV型6気筒ツインターボから最高出力630PS、最大トルク730Nmを発生。

 圧巻のパワーウェイトレシオに加え、バタフライドアを採用したカーボンファイバーシャシー(クーペ、スパイダー、将来的に発売される電動バージョンの3モデル共通)が徹底的なねじれ剛性を確保し、公道やサーキットにおける卓越したハンドリングの組み合わせを実現している。

 そのローンチカラーは、カスタマイズプログラム“フォーリセリエ”で提供される新しい3層のメタリックカラー“アクアマリーナ”が用いられ、光との相互作用で驚くような色彩の変化を見せる。

 さらに最新のアクティブ・セーフティシステムも搭載されており、MY22の『MC20』から装備されたパーキングセンサー、リヤビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに加え、この新型スパイダーには自動緊急ブレーキ、道路標識情報、新型の360度カメラが装備されている。

 そのほか、ヨーロッパの映像・音響分野の専門誌が加盟する業界団体が主催する『EISAアワード』を受賞した“ハイ・プレミアム ソナス・ファベール(Sonus Faber)”のオーディオシステムがオプションで用意され、マセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)マルチメディア・システムとマセラティ・コネクトで操作することも可能に。

 その『MC20チェロ』の日本での価格は3385万円(税込)が予定され、5月25日よりオーダー受付を開始。本格的なデリバリーは2023年初春が予定されている。

マセラティMC20チェロ公式サイト:https://www.maserati.com/jp/ja/models/mc20-cielo
マセラティ・コールセンター:0120-965-120